嫌な職場は半年どころか1日で辞めたこともあるスヤマタクジです。
今回はそんな職場に馴染めない処方箋に関するお話し。

半年いても会社・職場に馴染めない原因

  • 職場が合っていない
  • 環境が合っていない
  • そもそも会社員に向いていない

新卒での入社・転職での途中入社、どちらにしろ、半年もいてその職場に馴染めない時は以上の3つが原因です。
我慢したところで状況が改善することはあまりないため、早急に手を打つことをおすすめします。

そのための方法を以下で解説していきます。

原因が職場にあった時の処方箋

馴染めない原因はその会社にあった!
いじめ・パワハラ・セクハラ・雰囲気が悪い・グレーな手法で経営している会社はもちろん、上司や同僚とウマが合わないなどなど。

原因は色々とあると思いますが、半年いてもその職場に慣れないときはサッサと転職しちゃいましょう。
嫌な会社に居続けてもストレスが溜まって、最悪の場合はうつになるだけですから。

終身雇用の時代は終わり、今や転職は普通の時代。
これからどんどんこの波は加速し、転職したことない人の方が珍しい存在になるでしょう。

人間誰でも間違いはあります。
あなたは単純に入る会社を間違えただけなのです。

特に経験が浅い新卒なら、そんなのはよくあること。

原因が環境にあった時の処方箋

職場は特に嫌ではない。
でも、馴染めない。

そんな時は会社以外に原因があります。
よくあるのが就職で東京に来たけど、東京という街が合わなかったパターン。

僕も福岡から上京し、15年間ほど東京にいましたが、東京に馴染めず田舎に帰る人は非常に多かったです。
それだけ住む地域によって環境は大きく変わります。

特に田舎から都市、都市から田舎に引っ越した場合の差は大きい。
環境も半年して慣れなければ、そのまま我慢したところで状況はたいして変わりません。

むしろ仕事時だけの職場以上に逃げ場所がなく、さらに精神がやられたうつになる確率が高い。
ここも我慢はせず、サッサと引っ越して自分の住みやすい場所で再就職しましょう。

そもそも会社員が向いてなかった処方箋

職場や環境が問題ではなく、そもそも会社員が向いていなかった。
これだと半年続けようと1年続けようと3年続けようと無駄。

適性が合っていないわけですから。
僕もこのパターンで3年続けましたが、最後まで職場に馴染むことはできませんでした。

日本では会社員になる人が圧倒的に多いですが、実は会社員向きの人とフリーランス(自営業)向きの人は半々ぐらいと言われています。

フリーランスは10%ほどなので、約40%の人が自分の適性と合っていない会社員をやっているというわけ。
そりゃストレスだって溜まりますよ。

実際にやってみると分かりますが、フリーランスと会社員は全然違う。
あなたがフリーランス向きの人なら、やってみると仕事観が変わりますよ。

とはいえ、何をやっていいか分からないという人は、まずはブログをやってみましょう。
ブログならお金がかからずできますし自由度も高い。

さらに会社員をやりながら出来るというメリットもあります。
会社員をやりながらブログを書き、軌道に乗ってから会社を辞めたというブロガーも多いですよ。

どの原因でもあなたが悪いわけではない

ちなみにどれが原因で職場に馴染めなかったとしても、別にあなたが悪いわけではありません。
単純に何かしらの相性が悪かっただけ。

でも、周りはうまくやっているのに・・・なんて悩む必要はありません。
その人達はたまたまそこと相性が良かっただけ。

その人達だって別のことをやらせれば、うまくいかなくなるのですから。
うまくいかないなら、うまくいくところに移動すればいいだけです。

ではではまた。