MVNOって分かりづらいから、もう格安スマホで統一すればいいじゃんと思うスヤマタクジです。
今回はそんなMVNOとは?に関するお話し。

MVNOとは何なのか?

MVNOとは何なのか?についてわかりやすく解説。

MVNOとは何なのか?ここではそれをわかりやすく解説。

MVNOとは、分かりやすく言えばドコモやauなどの回線を借り、それを格安料金で提供している通信サービス業者のこと。

単純にドコモ・au・ソフトバンクより格安料金でスマホやタブレットが使えるサービスと思って問題ありません。

ちなみに格安SIMはこのMVNOを提供しているSIMカードのこと。

格安スマホはこのMVNOと格安SIMの組み合わせた格安料金サービスを指す場合と、iPhoneやソニーのXperiaなどよりも半額近く安いスマホ端末のことを指す場合があります。

格安スマホ端末はMVNOでメインで取扱っていますが、MVNOが作っているわけではありません(一部作っている端末もありますが)
現在、格安スマホ端末と言えば、中華民国(台湾)製のZenFoneやHuaweiが人気ですね。

また、シャープや富士通の日本メーカーもそれから遅れて参戦。
参戦時期が遅れて知名度が落ちるとはいえ、さすがの性能と価格面でも負けていません。

MVNOのメリット・デメリット

タブレットとスマホです。

MVNOにもデメリットはあります。

MVNOのデメリットは実店舗が少ない・最初の設定が面倒・通話料金の問題

格安料金がウリのMVNOはコストを抑えているためか、ドコモ・au・ソフトバンクなどと比べると圧倒的に店舗数が少ない。

大手家電店やイオンと提携している業者は数は多いですが、それでも全然及びませんからね~。
なので、ネット申込みがメインとなります。

これがネットが苦手な人にとってはハードルが高いようで・・・。
また、ネット申込みの場合、自分で初期設定を行わないといけませんが、これもけっこう難しいのですよね。

他にも、通話料金は基本別料金(一部かけ放題プランがある業者も)
そのため、電話がよくする人の場合、ドコモ・au・ソフトバンクなどの安い場合も。

とはいえ、LINEなどで無料通話もできますし、ここは僕はあまり気になりませんね。
LINEの通話は繋がりにくいという人もいますが、今のところ困ったことはありませんし。

逆にMVNOのメリットは格安料金・回線の繋がりやすさはそのまま・端末によってはそのまま利用できる
一番のメリットは格安料金でしょう。

プランがかなり細かく用意されているため、自分に合った料金プランを選ぶことができます。
通話はアプリで済ませるということであれば、月額1,000円以下で利用することも可能。

ちなみに僕は通話プランを選んでいますが、それでも1年以上使って月額2,000円をオーバーしたことがありません。
ドコモやauの回線を使っているので繋がりやすさはそのまま。

auやソフトバンクを使っている人がドコモの回線を借りているMVNOを使ったら、逆に繋がりやすくなったという人もいます。
また、同じ回線同士のスマホやタブレットならそのまま使うことも可能(一部対応していない端末も)

僕はドコモからドコモ回線のMVNOに乗り換えましたが、ドコモで使っていたスマホはそのまま使えました。

MVNO業者も大手が参入している

MVNO会社について。

ドコモ・au・ソフトバンクと比べると、MVNO業者は知名度が低くて心配。

そんな風に考えている人もいるようですが、MVNO業者にも大手は参加しています。

色々とそういった業者はありますが、一番の大手と言えば楽天でしょう。

他にもOCNやDMM、NTTぷららなども参入。
格安料金=よく分からない怪しい業者が運営しているというわけではありません