Windows10への自動更新に不信感が募るスヤマタクジです。
今回はそんなWindows10へのアップグレードに関するお話し。

アップグレードで不具合やウイルス感染の事例も

ウイルス感染の脅威。

まだアップグレードしていない人は分かると思いますが、定期的にPC上でWindows10へのアップグレードを促しています。

僕のPC上にも毎日のように表示されます。

アップグレードは自分のタイミングで行うので、一度通知したら後は放っておいて欲しいものです。

さて、このWindows10へのアップグレードですが、まだしない方が賢明
アップグレードしたことで不具合やそれを狙ったウイルス感染も多数報告されているからです。

Microsoft Windowsは世界最大シェアのPC用OSですからね~。
やっぱり狙われています。

ファイルが勝手に書き換えられて開けなくなるウイルス感染も報告されていますし、こういった不具合が落ち着くまではアップグレードはしないでおきましょう。

急いでアップグレードする理由はない

じっくりと結果を待つ。

そもそもの話しなのですが、普通の人なら急いでWindows10にアップグレードをする必要もありません。

というのも、アップグレードしなくても不具合はないはずだから。

Windows10が登場したとはいえ、それまでもWindows8やWindows7などが使えなくなるわけではないのですから。

僕もまだWindows8.1ですが、特に毎日問題なく作業できています。
これはWindowsだけでなく、iOSなど何でもそうなのですが、新しいバージョンが出てきたからといってすぐにアップグレードするのは早計

テストや検証を行っているとはいえ、実際に使ってみると出てくる不具合なども多いですから。
そして、何でもすぐにアップグレードする人はこういった影響をモロに受けるのです。

なので、Windowsなどをアップグレードするのなら、こういった人達に十分にテストをしてもらった上で、安全性が確かめられた時にアップグレードするのが賢いやり方です。

極端な話し、現在使っているOSのサポート(マイクロソフトが不具合や危険なウイルスからPCを守る更新プログラムを無償で提供してくれる)期間ギリギリでアップグレードしても特に問題はないと思います。

僕も現在のWindows8.1の前は、サポート期間ギリギリまでXPを使っていましたから。

そして、それで特に不具合はありませんでした。
また、マイクロソフトの発表を見る限り、今回のWindows10が最後で、次のバージョンを出す予定もなさそうですし。

僕は気長に様子見するつもりです。

ウイルスが心配ならOSよりもウイルス対策ソフトの方が大事

ウイルス対策ソフトの重要性。

OSを最新バージョンにしないとウイルスが心配!

こんな声も聞こえてきそうですが、ウイルス対策で大事なのはOSよりもウイルス対策ソフトの方ですね。

現にWindows10にアップグレードするタイミングを狙われてウイルス感染しているわけですから。

OSに関してはマイクロソフトのサポート期間が過ぎてなければOKかなと。
もちろん、常に更新プログラムをインストールしておくのは基本(最初から設定されている自動が一番)

あとはウイルス対策ソフトをしっかりと入れておく。
ウイルス対策ソフトを入れていない人は論外として(未だに多い)、そのウイルス対策ソフトにこだわるのも重要です。

というのも、ウイルス対策ソフトによって性能が全然違うから。
多くの人がPCに最初から入っているもの、または有名なウイルスバスターやノートンなどを使っていると思います。

なかには無料ソフトを使っている人もいますね。
しかし、これらは性能的にどれもイマイチ、または性能が良くてもPCが重くなるものばかり。

性能が低いものだとウイルスを防げないことが多くなりますし(高いものだと防げたのに)、重いものだとPC作業でイライラとさせられます。

ウイルス対策ソフトで僕がおすすめするのは、ESETセキュリティソフト。
性能が高いのに動作が軽く、もう10年近く愛用しています。

もちろん、その間にウイルス被害に遭ったことはありません。