オリンピックにはあまり興味ないけど、それに関連するアニメには興味があるタクです。
今回はそんな東京オリンピックで採用されたおすすめ競技アニメを紹介。

東京オリンピック競技をテーマとしたおすすめアニメの選考基準

選考基準はタイトルどおり!
ズバリ、東京五輪に採用された33スポーツ競技に当てはまるかどうか。

当てはまる競技アニメは全て紹介。
タイトルになっているものはその中で一番おすすめなものとなっています。

Free!(水泳)

水泳はアニメでもよく出てきますが、それをテーマとした作品は非常に少ないですね。
そんな少ない水泳作品の中でも人気なのがFree!(フリー)

男子高校生5人組を中心に描くガチンコ水泳アニメ。
業界の中でも評価が高い京都アニメーションが制作したこともあり、その完成度の高さは抜群!

が、男の裸なんて見たくねえよ!ってことで、僕は途中で観るのをやめてしまいました(笑)
なぜ女子水泳にしてくれなかったのか・・・。

ちなみに他には、『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』がありますが、こちらはギャグとラブコメ路線が強くなっています。

MAJOR(野球・ソフトボール)

日本では昔から人気が高い野球アニメは盛り沢山。

タッチ・クロスゲーム・H2・キャプテン・巨人の星・侍ジャイアンツ・おおきく振りかぶって・ダイヤのA・バッテリー・ONE OUTS – ワンナウツ・大正野球娘。・ドカベンなど。

どんだけ人気なんだよっ!?とツッコミたくなるレベル。
その中で特にオリンピックに合うおすすめ野球アニメがMAJOR(メジャー)

他の野球アニメと違い、日本だけでなく世界(メジャーリーグ)も舞台に戦うから。
また、オリンピックは登場しませんが、W杯というWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)のような大会も行われています。

あとはヒロインはソフトボールをやっていて、少しだけソフトが登場するのも(ここはこじつけですが)

黒子のバスケ(バスケットボール)

バスケットボールが人気の割にバスケアニメは少なめですね。

SLAM DUNK(スラムダンク)・DEAR BOYS(ディア ボーイズ)・BUZZER BEATER(ブザービーター)・ロウきゅーぶ!・ダッシュ勝平など。

世代的・人気的にはスラムダンクが一番なのですが、スラムダンクはアニメ公式PVがない・なぜか電子書籍がないことから次点の『黒子のバスケ』をおすすめバスケアニメに挙げました。

黒子のバスケはスラムダンクにキャプテン翼の要素を加えたような作品ですね。
基本はリアルバスケをベースにしつつも、そこに必殺技が加わるのが特徴です。

はじめの一歩(ボクシング)

ボクシングアニメは数が少ないですが名作揃い。

あしたのジョー・リングにかけろ・がんばれ元気など。
知名度的には『あしたのジョー』が一番でしょう。

が、やはりボクシングといえば『はじめの一歩』
世代的なこともありますが、リアル&長編作品ということが大きいですね。

弱虫ペダル(自転車競技)

自転車競技が東京五輪どころか、オリンピックに採用されていたのを今回初めて知りました。
最近アニメ化されることが多いですが、オリンピックにもなる人気競技だったのですね。

自転車競技アニメは、ろんぐらいだぁす!・Over Drive-オーバードライブ・南鎌倉高校女子自転車部など。
そして、自転車アニメ人気の火付け役となったのが弱虫ペダルですね。

こちらは高校インターハイが舞台ですが、バチバチのロードレースですから。
熱いレースを観たいならコレ。

キャプテン翼(サッカー)

キャプテン翼です。

サッカーも野球と同じく人気の競技。
昔は野球が強かったですが、今ではサッカーがそれを上回る勢いですから。

そんなサッカーアニメは、蒼き伝説シュート!・DAYS・イナズマイレブン・GIANT KILLING[ジャイアントキリング]・エリアの騎士・銀河へキックオフ!!・ホイッスル!・オフサイド・ファンタジスタ ステラ・がんばれ!キッカーズ・燃えろ!トップストライカーなど。

数だけ見ると野球アニメよりも多いぐらい。
そして、サッカーアニメと言えば『キャプテン翼』は外せない。

日本のサッカーはキャプテン翼で盛り上がったと言っても過言ではないですからね。
また、原作漫画で実際にオリンピックが描かれているという点も大きい(アニメ化の予定は今のところなし)

プロゴルファー猿(ゴルフ)

ゴルフまで東京五輪だけでなく、前からオリンピックに採用されていたなんて・・・(どんだけ知らないんだ)
ただ、アニメは少ないですね。

ゴルフアニメは、プロゴルファー猿・DANDOH!-ダンドー・あした天気になあれの3作品ぐらい。
その中でも有名なのは藤子不二雄A先生の『プロゴルファー猿』でしょう。

テレビアニメの『ワイは猿や! プロゴルファー猿や!』から始まるOP(オープニングテーマ)は今でも記憶に残っているほど衝撃的でした。

そして、『キャプテン翼』の『旗つつみ』や『モズ落とし』などの必殺技も。

YAWARA!(柔道)

YAWARAです。

日本のお家芸ともいわれる柔道は東京オリンピックでも健在。
が、柔道アニメは少ないですね。

YAWARA!といなかっぺ大将ぐらいではないでしょうか。
しかも、いなかっぺ大将はギャグ作品ですからね。

となると、本格柔道アニメといえばYAWARA!のみ。
が、そのYAWARA!が国民的大ヒットとなっているのでOKでしょう!

もちろん、YAWARA!ではしっかりとオリンピックが描かれています。
ソウルオリンピック(アニメではソウルワールドカップ)とバルセロナオリンピック(アニメではアトランタ)が。

そして、そのどちらでも大活躍と、そりゃ日本中が盛り上がるわ!といった内容となっています。

空手バカ一代(空手)

空手は東京オリンピックで新しく採用された競技。
やはり、日本で行う五輪だからでしょうか(それなら剣道や相撲なんかも入れて欲しいけど)

が、空手アニメは史上最強の弟子 ケンイチと空手バカ一代ぐらい。
空手が登場する格闘アニメは多いですが、空手をメインとしているのはこの二つぐらい。

しかも、史上最強の弟子 ケンイチに関しては、空手よりもバトル要素の方が強いですからね。
実質空手アニメは『空手バカ一代』ぐらい。

しかし、こちらは極真会館を興した空手家大山倍達の伝記という設定のストーリーと、タイトル通りの空手一直線の作品となっています。

ALL OUT!!(ラグビー)

ラグビーワールドカップ2015の強豪:南アフリカで一気に盛り上がった日本でのラグビー人気。
東京オリンピックでも7人制ですが、しっかりと実施される競技に入っています。

ALL OUT!!は、史上初のラグビーテレビアニメ。
ということで、ラグビーアニメは今のところALL OUT!!の一択ですね。

ALL OUT!!は弱小ラグビー部が強豪になっていくスクールウォーズ的な熱血スポ根作品。
ただ、キャラクターがゴツイ割に妙に女性的な感じが気になるところ。

・・・と思っていたら、どうやら作者の雨瀬シオリさんが女性みたいです。
通りで表情や顔の感じに女性要素を感じるわけだ。

灼熱の卓球娘(卓球)

卓球って『福原愛』さんなどの強い日本選手が多いせいか、なぜかスポーツの規模と比べると知名度が高いですよね。
ただ、アニメ作品は多くないですが。

ピンポンと灼熱の卓球娘ぐらい。
知名度では完全にピンポンでしょう。

が、ピンポンは『窪塚洋介』さん主演の映画版のイメージが強いのですよね。
なので、おすすめ卓球アニメは『灼熱の卓球娘』の方をプッシュ。

こちらは女子中学の卓球部が全国を目指すストーリーとなっています。
必殺技などはありますが、ループドライブやカット戦法など、キャラクターの見た目に反して実際の技をベースにしているリアル路線。

ベイビーステップ(テニス)

テニスがオリンピック競技になっているのは知っていますが、いまだにピンときませんね。
東京五輪でもテニスは正式採用されています。

テニスアニメは、テニスの王子様・てーきゅう・そふてにっ・エースをねらえ!など。
日本での競技人口は少ないですが、そこそこ多いですね。

その中でも特におすすめのテニスアニメがベイビーステップ。
素人の高校生がプロを目指すというストーリーです。

面白いのはインターハイ優勝が目標ではなく、プロになって活躍するという点ですね。
原作漫画ではすでにプロとなって活躍しており、もしかしたらオリンピック編も登場するかもしれませんね。

また、主人公がよくあるセンスやフィジカルで勝負するタイプではなく、頭脳型という点も他とはちょっと違います。

ハイキュー!!(バレーボール)

バレーボールアニメは、アタックNO.1とハイキュー!!の2作品ぐらい。
そして、昔の東京五輪を知っている人は『アタックNO.1』への思い入れの方が強いでしょう。

東洋の魔女として、1964年の東京五輪で金メダルを獲得する大活躍でしたから。
アタックNO.1はそんな女子バレーボール人気によって描かれた作品。

が、今はやはり週刊少年ジャンプ連載の『ハイキュー!!』かなと。
ハイキュー!!は低迷した男子高校バレーボール部が再度活躍する作品です。

該当するアニメなしのスポーツ競技(20競技)

アーチェリー・陸上競技・バドミントン・カヌー・馬術・フェンシング・体操・ハンドボール・ホッケー・近代五種・ボート・セーリング・射撃・スケートボード・スポーツクライミング・サーフィン・テコンドー・トライアスロン・ウエイトリフティング・レスリング。

東京オリンピック競技をテーマとしたおすすめアニメ5作品のまとめ

今回の東京オリンピックに採用されたスポーツ競技アニメですが、意外と少なかったですね。
アニメがある競技が13に対し、ない作品が20ですからね。

新しくできた競技はともかく、陸上競技や体操など、昔からオリンピックの花形的なものがアニメ化されていないのは意外でした。
まあ、ここは漫画でピックアップすれば増えるでしょうが、それは大変なのでまた機会があれば!

ではではまた。