子供に持たせるなら断然スマホよりPCっしょ!と息巻くスヤマタクジです。
今回はそんなPCとスマホのお話し。

実は料金もスマホとたいして変わらない

スマホとPCの料金はたいして変わらない。

PC(パソコン)とスマホを比較する前に、まずは価格面について。

未だに勘違いしている人が多いですが、スマホもPCも本体価格・回線料金のどちらもたいして差はありません。

PCも高いものなら10万円程度しますが、安い商品なら3万円程度で買えますからね。

家電量販店のパソコンコーナーに行ってみれば一目瞭然ですよ。
また、Amazonや楽天で探してみてもいくつも3万円程度のPCが出てきます。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアを使っている人は意識しづらいかもしれませんが、大手キャリアは通信料金にスマホの本体価格も含まれています。

例えば、人気のiPhoneであれば、本体のみを購入するなら5万~10万円程度(機種によって大きく価格が違う)しますから。
それに、本体価格込みとはいえ、月額1万円近い通信料金はなかなか高額。

逆にPCのネット回線は月額3,000円程度から利用できます。
スマホでここまで料金を抑えるには格安SIMを利用するしかありません。

スマホで出来ることはPCでも可能

スマホです。

スマホとPCは本体価格も通信料金も大差ありません。

むしろ大手キャリアを使っているのならパソコンの方が安くなります。

が、価格は変わらなくても性能はスマホよりPCの方が上。

スマホで出来ることはPCでも出来ますからね。

どうせ子供に持たせるなら、より性能が良い方を覚えさせた方がいいと思いません?
子供に『パソコンじゃLINEできないじゃん!』と言われても安心。

なぜなら、PCだけでもLINEは出来るから。
先にも言った通り、スマホで出来ることはPCでも出来るのです。

スマホよりPCの方が将来役立つ可能性が高い

VAIO Tap20 PCです。

そして、将来的にスマホよりパソコンの方が役立つ可能性が高いのが一番大きい。

会社はもちろん、僕のようなフリーランスでもPCを使って仕事をしている人は非常に多い。

PCスキルやITスキルはこれからの時代に絶対不可欠とさえ言っている人もいるほど。

なのに、現在の10代・20代はスマホは扱えてもパソコンが扱えないという人が多い。
仕事ではいくらフリック入力が早くても意味がないのです。

キーボードが早く打てる方がよっぽど社会人にとって欲しい能力。
PC操作が早く出来る人は分かると思いますが、そのレベルになるとスマホだとスピードが遅くてイライラしますからね。

仕事でも情報収集でもスマホよりパソコン。
スマホはしょせんITサブツール止まりです。

もちろん、将来的にはPCよりも便利なITツールが登場するかもしれません。
しかし、今の形のスマホが仕事で使われることはまずありません。

であれば、子供の将来も考えてスマホよりPCを持たせたいところ。

スマホよりも悪影響や時間を制限しやすい

PCの方が色々と制限しやすい。

親がよく心配するのが子供にスマホを持たせた時の悪影響。

スマホの使い過ぎで起こる睡眠障害・依存症・腱鞘炎・ストレートネックなどなど。

これらを防ぐために時間制限を厳しくする親もいますが、スマホだとなかなかそれも難しい。

スマホは持ち運びが便利で隠れて使ったり、子供によっては学校に持って行ったりしていますからね。
しかし、持ち運びが難しいパソコンではそうもいきません。

さらに、ノートPCでなくデスクっプPCにすれば、家でしか利用できませんから。
そのパソコンを子供部屋でなく、リビングに設置すれば悪影響や時間制限もやりやすい。

もちろん、PCでもスマホのように悪影響を与えるようなサイト閲覧制限も行えます。
子供が自力でこういった設定を解除できるようになれば、子供のPCスキルはなかなかのものになっていますよ。

悪影響があると遠ざけたところで、友達経由やこの情報社会では他からも入ってきますから。
いつまでも遠ざけていることなんて出来ません。