この3つはホントややこしい!と感じるスヤマタクジです。
今回はそれを分かりやすくまとめることにチャレンジしてみました。

テザリング・Wi-Fi・Bluetoothの違い

  • テザリング:スマホ回線を使ってタブレットやPCをインターネットに繋ぐこと
  • Wi-Fi:自宅のネット回線やWi-Fiスポットなどに無線接続してスマホやタブレットをインターネットに繋ぐこと
  • Bluetooth:Bluetooth機能が搭載された機器同士を繋ぐこと(Bluetoothテザリングも行える)

テザリング・Wi-Fi(ワイファイ)・Bluetooth(ブルートゥース)の違いを簡単にまとめると以上の通り。
厳密にはWi-Fiテザリングなど、それぞれが完全に別物というわけではないのがややこしい

そのため、上記のように簡略化して違いを覚えた方が理解しやすいと思います。
それぞれの詳細については以下で詳しく解説していきます。

テザリングの詳細

テザリングとは、スマホの携帯電話回線を使って、タブレット・PC・ゲーム機などをインターネットに接続する機能のこと。

当然ながらテザリングに対応していないスマホでないと利用できないため注意しましょう。
新しい機種ならだいたい対応していますが、『らくらくホン』などの機能が制限された機種は対応していない場合もあります。

一番よく使われているネット接続の方法ですね。
ちなみにデザリングには以下の3種類があります。

  • Wi-Fiテザリング:テザリングといえばこれを指すことが多い一般的な方法
  • USBテザリング:スマホとPCをUSBケーブルを繋いで行う方法
  • Bluetoothテザリング:Wi-Fiの代わりにBluetoothで繋ぐ方法。詳しくはBluetoothの項で

ちなみにUSBテザリング以外はどうしてもセキュリティ面で不安があります(パスワードがバレて不正アクセスされるなど)
そのため、利用しない時は設定をオフにするようにしましょう。

また、自宅以外では使わないなど、なるべく周りに人がいるときは利用しない方が安全。
安全面を考えるのなら、外で利用するときはUSBテザリングにするようにしましょう。

Wi-FiテザリングとUSBテザリングの違いは無線か有線かの違いですね。
無線のWi-Fiテザリングが一番簡単でポピュラーな方法

一方、有線は無線よりもケーブルがあるので煩わしいですが、速度が安定しますし、充電とデータ通信の両方に対応しているUSBケーブルなら、スマホを充電しながらテザリングが行えます(その分、PCの電力消費量が上がりますが)

ただし、USBテザリングに対応しているのはPCのみで、タブレットやゲーム機では行えないため注意しましょう。

テザリングのやり方・設定の仕方

  • iPhoneのやり方
    ・ホーム画面の『設定』を押す
    ・『インターネット共有』を押す
    ・『インターネット共有』の切り替えボタンをオンにする(ポップアップが表示されるのでテザリングの種類を選ぶ)
    ・Wi-Fiのパスワードを確認し、PC・タブレット・ゲーム機などで設定する
  • Androidのやり方
    ・『設定』を押す
    ・無線とネットワークの項にある『ネットワーク設定』を押す
    ・『テザリングとアクセスポイント』を押す
    ・『Wi-Fiテザリング』にチェックを入れる
    ・『Wi-Fiアクセスポイントを設定』でネットワークSSID&パスワードを確認し、PC・タブレット・ゲーム機などで設定する
  • USBテザリング
    ・PCにUSBドライバーをインストールする(2度目からは必要なし)
    ・上の設定が行った後のスマホをUSBケーブルでPCに繋げる

それぞれのテザリングのやり方は以上の通り。
ただし、携帯会社・端末の機種によってやり方が多少異なります

以上はドコモのやり方を参照したものなので、auやソフトバンクでは少し違ってきます。
格安スマホに関してはドコモ回線が多いですが、au回線の会社もあり、ドコモ回線でもAPN設定などが必要になる場合も。

特にAndroidのそれぞれの機種によってけっこう違うので、以上の方法で行えない場合は利用している携帯会社や端末のホームページを参照してください。

テザリングの通信費を抑える方法

テザリングの最大のデメリットはスマホの通信量。
テザリングは便利ですが、使い過ぎるとすぐに通信速度制限がかかってしまいます。

低速になった時のイライラはたまったものではないですよね。
大手携帯会社の通信量は7GBですが、テザリングを頻繁に行うとこれぐらいのデータ量はすぐに使ってしまいます。

そこで検討して欲しいのが格安スマホ。
格安スマホなら普通に携帯料金が安くなるだけでなく、データ量も10GB以上のプランもあります

また、大手携帯会社ではテザリングはオプションになっていて、月額で500円程度取られます(プランによっては無料)
しかし、格安スマホの場合はだいたいの会社で無料となっています。

ただし、ドコモ回線の格安スマホならドコモ端末も使えますが、テザリングは行うことはできません(auも同じ)
テザリングを行うにはSIMフリー端末か、ドコモ端末の場合はSIMロックを解除してもらう必要があります。

ちなみに月間データ量が10GBを超えるのであれば、下のように自宅ではWi-Fi接続を行い、外でのみ携帯回線を使う方が安上がりですね(僕はこのやり方で3GBプランにしています)

Wi-Fi(ワイファイ)の詳細

Wi-Fi(ワイファイ)とは、簡単に言うと無線通信の種類の一つ。
詳しく解説すると、無線LANの規格のひとつで、無線LANは無線通信を利用してデータの送受信を行うシステムことですが、ややこしいので。

普通に使う分にはここまで詳しく知る必要はないですからね。
今ではWi-Fi=上のWi-Fiテザリングか、Wi-Fiスポットや自宅のネット回線と繋ぐ方法と解釈している人も多いですから。

ここで紹介するWi-Fiとは、Wi-Fiスポット&自宅のネット回線に繋ぐ方法になります
Wi-Fiの最大のメリットはテザリングと違い、通信量を気にしなくて良い点ですね。

光インターネット回線に繋げば、抜群の速度と安定度で、通信速度制限を気にする必要なく利用できるようになります。

逆にWi-Fiスポットを利用するときはテザリング同様、どうしてもセキュリティ面で不安があります
セキュリティ面を考えるのなら、Wi-Fiスポットはなるべく利用しない方が無難です。

Wi-Fiのやり方・設定の仕方

※自宅のネット回線と繋ぐにはWi-Fiホームルーター(無線LANルーター)が必要

  • iPhoneのやり方
    ・ホーム画面の『設定』を押す
    ・『Wi-Fi』の切り替えボタンをオンにする(2度目からはここで終了)
    ・初めて繋ぐ場合はそのネットワークの名前を選択し、必要ならパスワードを入力する
  • Androidのやり方
    ・『設定』を押す
    ・無線とネットワークの項にある『Wi-Fi』をオンに切り替える(2度目からはここで終了)
    ・初めて繋ぐ場合はそのネットワークの名前を選択し、必要ならパスワードを入力する
  • Wi-Fiホームルーターの設定
    ・専用アプリをダウンロードする
    ・スマホかざすだけ、またはQRコードを読み取るだけで自動設定(機種によって違う)

それぞれのWi-Fiのやり方は以上の通り。
自宅のネット回線に繋ぐ場合もWi-Fiスポットに繋ぐ場合も基本は同じです。

Wi-Fiホームルーター側の設定があるかないかの違いぐらいですね。
ただし、テザリングと同じく、こちらも携帯会社・端末の機種によって設定のやり方が多少異なります

上のやり方はドコモを基本としているため、auやソフトバンク、またそれらの回線を使っている格安スマホでも違いが。
また、同じドコモ回線を使っている格安スマホでも違うがある場合もあります。

上記のやり方で設定できれなければ、それぞれの携帯会社や端末のホームページを参照してください。
とはいえ、基本的にはテザリングよりもWi-Fi接続の方が簡単ですね。

大手携帯会社などではアプリで簡単にWi-Fi設定が行えるようにもなっています。

Wi-Fiホームルーターも最近の機種は専用アプリをダウンロードすれば、あとはスマホをかざすかQRコードを読み取ることで簡単に設定できるようになっています。

Wi-Fiの通信費を抑える方法

スマホやタブレットで動画をたくさん見る、またはゲームをよく行うなど、通信量が気になっている人なら自宅では光ネット回線にWi-Fi接続して利用するようにしましょう。

光ネット回線ならいくら使っても通信速度制限なしなので、スマホのように通信量を気にする必要がありません。
さらに携帯回線以上の速度と安定度も魅力です。

しかも、光ネット回線も現在では月額3,360円~使える時代。
格安スマホを併用すれば、二つ合わせても月額5,000円程度で抑えることも可能です。

ちなみに僕は格安スマホの通話SIM(電話番号があるタイプ)3GBプラン+光ネット回線を使っていますが、毎月だいたい5,300円程度に抑えています。

Bluetooth(ブルートゥース)の詳細

Bluetooth(ブルートゥース)とは、Wi-Fiとはまた別の種類の無線通信のこと。
こちらはデジタル機器用の近距離無線通信がメインとなっています。

PCとキーボード・マウスなどをBluetoothで無線接続するのが一番よく使われています。
最近ではスマホにも搭載されている機種が増え、Bluetoothによるテザリングも行えるようになりました。

注意点として、Bluetooth機能が搭載された機器同士でしか利用できないこと。
また、速度はWi-Fiより遅く、設定も面倒臭くなっています。

他にも、使えない機種も多く、使えても機能が限定されるなど、Wi-Fiテザリングよりも使い勝手が悪いのが弱点。
とはいえ、電力消費量がWi-Fiテザリングより少なく、さらに一度設定すると常時接続状態にすることも出来るというメリットも。

ただし、Bluetoothテザリングもセキュリティ面に不安があるため、常時接続はやめておいた方がいいですね。
これらのことなら上の2つのやり方と比べると、どうしても使い勝手が悪く中級者以上向けの機能の印象が強い。

Bluetoothのやり方・設定の仕方

    ※親機のペアリング設定

  • iPhoneのやり方
    ・ホーム画面の『設定』を押す
    ・『インターネット共有』を押す
    ・『インターネット共有』の切り替えボタンをオンにする(ポップアップが表示されるのでテザリングの種類を選ぶ)
    ・子機のペアリング設定をする
  • Androidのやり方
    ・『設定』を押す
    ・『モバイルデータ通信』を押す
    ・『テザリング』を押す
    ・『Bluetoothテザリング』にチェックを入れる
    ・子機のペアリング設定をする
    ※子機のペアリング設定

  • iPhoneのやり方
    ・ホーム画面の『設定』を押す
    ・『Bluetooth』を押す
    ・『Bluetooth』の切り替えボタンをオンにする
    ・『デバイス』を押す
    ・目的のデザイス名を押す
    ・ペアリング
  • Androidのやり方
    ・『設定』を押す
    ・『Bluetooth』をONにする
    ・目的のデザイス名を押す
    ・ペア設定する

それぞれのBluetoothのやり方をまとめると以上の通り。
まずは親機の設定を行い子機を発見できる状態にし、その間(2分間ほど)に子機も設定することでBluetoothテザリングが完成します。

この点はWi-Fiテザリングとの大きな違いですね。
また、こちらも携帯会社・端末の機種によって設定のやり方が多少異なります

上のやり方出来ない場合は、契約している携帯会社や使っている端末の公式ページを参照してください。

Bluetoothの通信費を抑える方法

Bluetoothテザリングの弱点もWi-Fiテザリングと基本は同じ。
使っている無線通信の種類が違うだけで、携帯回線を使ってインターネットに繋げるのは同じですから。

つまり、頻繁に使っているとすぐに通信速度制限をかけられてしまいます。
また、こちらも大手携帯会社ではテザリングオプションで月額で500円程度取られます(プランによっては無料)

スマホの通信料金を抑えたいのなら、やはり格安スマホや格安光ネット回線は無視できない存在。
特に家でゲームや動画をよく見て通信量が気になっているのなら、光ネット回線を使ったWi-Fi接続は確実に役立ちます。