削れるものは削ってナンボ!のスヤマタクジです。
今回はそんなタブレットの通信料を削るお話し。

大手携帯会社でなく格安SIMにすれば月額500円程度から

タブレットの通信料を抑える方法。

タブレットの通信費・通信料などはスマホなどよりも簡単に削れます
これを知っているのと知らないのとでは全く月額通信料が変わってきます。

特に初めてタブレットを購入する人は当然ながらこの方法を知らない人が多いですね。
まずは格安SIMを利用した通信費の節約方法です。

タブレットをスマホやネット回線などに繋がず(繋ぐ方法は下で紹介)に単独で使うには、SIMカードを挿して使う必要があります。
多くの人はドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯会社のSIMカードを利用していますが、これを格安SIMにすれば大幅に通信料を削ることができます。

大手携帯会社が月額2,500円~5500円(スマホのセットかタブレット単独かで変わる)に対し、格安SIMなら月額500円程度から

この差は非常に大きい。
格安SIMと言っても、使っている回線はドコモとauのものを借り(今のところソフトバンクはない)、それを低料金で提供しているだけ。

格安SIM業者も楽天・イオン・ビックカメラなど、有名なところがメインで決して怪しいところではありません。
ただし、格安SIMを利用するには、SIMフリーのタブレットが必要となるため、その点は注意が必要です。

一番簡単にタブレットの通信料を無料にする方法

タブレットとスマホをテザリングで繋げる。

タブレットは条件が整えば通信費を無料にすることもできます。

その一番簡単な方法がスマホのテザリング(スマホのネット回線をタブレットなどに繋げる機能)を使うやり方

やり方も簡単で、『テザリングのやり方』などで検索すれば、ドコモやソフトバンクなどが画像付きで詳しく解説しています。

テザリングでスマホと繋げば、タブレットにSIMカードを挿す必要はありません。
つまり、タブレットの通信料はタダというわけです。

スマホのインターネット回線を使うわけですから。
ただし、タブレット分の通信量も増えるため、上限には注意しましょう。

通信量を上限いっぱいまで使ってしまうと通信速度制限がかけられてしまいますから。
そこで検討して欲しいのが格安スマホですね。

格安スマホはデータプランなら月額500程度~、通話プランなら月額1,200円程度~という価格の安さが魅力ですが、それだけでなく通信量の多さも魅力の一つ。

大手携帯会社なら月間データ容量7GBですが、格安スマホなら10GB以上のプランもあります
しかも、10GBでも大手携帯会社の月額よりも安い。

スマホのテザリング機能でタブレットを使うのであれば、データ容量は非常に重要です。

通信速度制限なしでタブレット通信費無料

Wi-Fiホームルーターでネットと繋げる。

スマホのテザリングを使う以外にもタブレットの通信費を無料にする方法はあります。

それは自宅のインターネット回線にWi-Fi接続をして使う方法

よくお店などで見るWi-Fiスポットでも可能ですが、あれだとその場所に行かないと利用できませんからね。

自宅のインターネット回線なら家にいる時はいつでも利用できます。

しかも、光回線などであれば、スマホのテザリングよりも速度が速く、さらに通信速度制限の心配もありませんから。

Wi-Fiホームルーター(無線ルーター)があれば、簡単にネット回線にタブレットをWi-Fi接続ができます。
最近のWi-Fiホームルーターは設定が簡単で、専用アプリを利用すれば、かざすだけ・ORコード・ボタンを押すだけなどで、自動的に設定を行ってくれます。

スマホでテザリングを行うよりも簡単ですね。
さらに、光回線は安くなってきており、プロバイダ料込みで月額3,360円から利用できる時代になりました。

簡単・持ち運び自由なポケットWi-Fi(モバイルルーター)

モバイルルーターです。

ポケットWi-Fiとは、無線通信の種類の一つ。
簡単に言うと、光回線に近い高速通信が行え(光よりは劣る)、工事不要で使える、さらに端末がコンパクトなので持ち運びも自由

また、月間データ容量の上限なしのプランもあるため(3日間で3GB以上使うと速度制限がかかりますが)、スマホや格安SIMのように通信量を気にしないで良いというメリットもあります。

外でもガンガンタブレットを利用したい人なら光ネット回線よりもおすすめですね。
また、マンションプランなら光ネット回線の方が安いですが、ファミリープラン(戸建てや戸数が少ない集合住宅)の場合はWiMAXと光ネット回線の料金差はほとんどなくなります。

工事不要で使えるため、引っ越しが多い人にもポケットWi-Fiはおすすめですね。