最初のタブレット選びはかなり苦戦したスヤマタクジです。
今回はそんなタブレット初心者のための選び方のお話し。

初心者でも分かるタブレットの選び方のポイント

タブレットの選び方について。

ここではタブレット初心者でも分かりやすいように明確に選び方のポイントを解説しています。
特に初めてタブレットを買う時は右も左も分かりませんからね。

僕も最初はかなり迷って試行錯誤しました。
そんな人の力になれたらうれしく思います。

種類(OS)

タブレットの選び方で一番最初に注意しなければいけないのが種類(OS)。
具体的にタブレットは大きく分けて、Androidタブレット・iPad(iOS)・Windowsタブレットの3種類があります

一番の違いはOSの違いですね。
AndroidとiOS(iPhoneやiPadのOS)は全然使い勝手が違いますから。

iPhoneやiPadの人気から日本ではiOSを使っている人が多いですが、世界的には断然Androidですね。
選択肢がiPadしかないiOSと違い、格安タブレット~高性能タブレットまで選択肢が多いのが魅力です。

また、スマホやタブレットでは人気はイマイチですが、PCでは圧倒的なシェアを誇るWindowsタブレットはビジネス向けとして人気を集めています。
初心者であれば、選択肢が多く価格が安い商品も多いAndroidタブレットがおすすめですね。

SIMフリーかどうか

タブレットにはSIMフリー(iPadではセルラー)版とWi-Fi版の2種類があります。
SIMフリー版のタブレットは簡単に言えば通話ができないスマホのようなもの(通話ができるタブレットもありますが)

タブレット単体でもWi-Fiなどと繋いでもネット利用が行えます。

逆にWi-Fi版はその名の通り、Wi-Fiの回線、または家のインターネット回線やスマホの回線(テザリング機能を使えば可能)を利用して使うもの。
Wi-Fi版はタブレット単体ではネットが利用できないようになっています。

ちなみにSIMフリーとは、どの通信サービス業者のSIMカードも利用することができます。
SIMカードとは、タブレットやスマホに挿して使うカードのこと。

ドコモタブレットならドコモのSIMカードしか挿せないロックがかけられていますが、SIMフリー版はそういったロックが解除されています。

SIMフリー(セルラー)版は使い勝手良い反面、Wi-Fi版より価格が高いのがネック。
家でインターネット回線などに繋いで使うのみならWi-Fi版で十分ですね。

メインで使う用途(性能)

選び方のポイントとして、タブレットをどういったことで使うかどうかも大事。
性能はそれに合わせて選びましょう。

例えば僕は、電子書籍を読むのがメインで、サブでネット検索や動画を少し見たりします。
これぐらいであれば、格安Androidタブレットの性能でも十分お釣りがきます。

逆にiPadや高性能Android&Windowsタブレットでは完全にオーバースペックですね。
というより、今の格安Androidタブレットは思った以上に性能が良いため、ライトユーザーならこれで十分に対応できます

人気のiPadは格安Androidタブレットの倍以上の価格もしますし、金銭的なことを考えても特にこだわりがないなら買う必要はないかなと感じています。
シェアが圧倒的に狭いWindowsタブレットを選ぶ時はビジネスで使う場合のみでしょう。

価格

価格も選び方のポイントとして大事ですね。
価格の安さ重視で選ぶなら格安Androidタブレットの一択ですね。

逆に高性能タブレットが欲しいならiPadが一番コストパフォーマンスが高いと思います。
たしかに性能面ではソニーのXperiaなどの高性能Androidタブレットの方が少し高いですが、価格はそれ以上に高いので。

どちらにしろ、初心者であればまずは格安タブレットを選ぶ方が無難ですね。

ドコモなどの大手を利用しているなら格安の選択肢も

こちらはタブレットの選び方とは直接関係ありませんが、スマホを含め現在ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯会社を利用しているなら、MVNOを一度検討してみてください。

MVNOとは、簡単に言うとドコモやauなどの回線をレンタルして格安料金で提供している通信サービス業者のこと。
格安スマホや格安SIMといった言葉を聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

あれのことですね。
僕はドコモからMVNOに変えてから、スマホの通信料金は月額2,000円を超えたことがありません。