総務省が介入しても結局大手キャリアの料金値下げはイマイチだなと思うスヤマタクジです。
今回はそんなドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの値下げに関するお話し。

ドコモ・au・ソフトバンクが格安スマホ・SIM並に値下げしない理由

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアが格安スマホ・SIM並に値下げしない理由。
それは、それぞれの回線を使用して格安スマホを提供するMVNO(格安通信業者)があるから。

これが大きいですね。
しかも、それぞれ1社ずつ、通話定額制・端末代込みの大手キャリアのようなサービスを展開しているMVNO業者がある。

MVNO業者は他にもありますが、他ではほとんどこういったサービスをしているところがありません。
それもそのはず、ドコモ以外の2つのMVNOはそれぞれauとソフトバンクの子会社なのですから。

ドコモ・au・ソフトバンク回線のMVNO(格安通信業者)

  • 楽天モバイル(ドコモ回線)
  • UQ mobile(au回線)
  • Y!mobile(ソフトバンク回線)

通話定額制・端末代込みの大手キャリアのようなサービスを展開しているMVNO業者は以上の3つ。
他にも少しだけそういった業者はありますが、この3つより料金が高く、仕組みも違うためここでは除外します。

で、UQ mobileはauの子会社で、Y!mobileはソフトバンクの子会社(Y!mobileは正しくはキャリアですが、料金的にはMVNOのようなもの)
ドコモだけ子会社ではありませんが、楽天モバイルがそんなような形になるのでしょう。

MVNOの中では有利なサービスですが、この3社が発表しても他は全然追随して来ないのですよね。
これは敢えてしないのか?それとも出来ないのか?

例えば、他のMVNOに回線を貸し出す契約として、このようなサービス禁止となっていたり、もしかしたらこの3社より他の業者は回線使用料が高いのかもしれません。

そうなると、自然とそういったサービスは展開できませんね。
使用料が高いのにお得な料金プランを提供すると利益を圧迫しますからね。

大手キャリアは値下げせず、格安スマホと共存する

で、ドコモ・au・ソフトバンクの3社が格安スマホは子会社(ドコモは子会社的な存在)に任せると考えていたら、大手キャリアが大胆な値下げを行うことはないでしょうね。

格安スマホ・SIMは子会社で、それ以外の層を自分達で囲ってしまえばいいわけですから。
あくまで僕の予想ですが、現状の流れを見る限り、なかなか高い確率でこの形になっていくと思います。

MVNOのサービスに含まれている端末は格安スマホや旧式のiPhoneになるため、最新のiPhoneやAndroid機種を2年ごとに変えたい・長時間の電話をガンガンかける・ネット回線をガンガン利用する人などは、大手キャリアの方が良い場合も。

ただ、長時間の電話以外の部分は、実はMVNOを利用した方が安かったりもします。
ネット回線はガッツリと節約する方法もありますしね。

他にも、店舗でサポートや説明してもらいたい人も大手キャリアの方がおすすめ。
Y!mobile以外はまだまだ店舗が少ないですから。

さらに、意外と変えるのが面倒だから・なんとなく格安スマホは不安だから変えないという層もけっこういます。
こういった人達がたくさんいる限り、ドコモ・au・ソフトバンクが大胆な値下げを行うことはまずありません。

せっかくもらえる利益をわざわざ自分から手放す必要はありませんから。
ただ、格安スマホのシェアが大きく伸びてきたらこの状況も変わるでしょうね。