スマホはお得に処分して小銭にしているスヤマタクジです。
今回はそんなスマホ処分のお話し。

スマホをゴミとして処分してもらう

スマホを処分してもらう。

スマートフォン(スマホ)の処分方法を大きく分けると、破壊処分してもらうか買い取ってもらうかの二つ。

どちらを行うにしろ、最低限データの消去はしっかりと行っておきましょう!

個人情報の問題がありますからね。

さらに心配ならSDカードなど、データが入ったメモリーを物理的に壊してしまうのが確実
買取ならともかく、処分するならカードの破損などは気にしなくてもいいですから。

ただし、SIMカードは次のスマホにも必要なため、抜き取るだけで破壊しないように注意しましょう。
また、お金のことを考えるのなら、破壊処分よりも買い取ってもらった方が断然お得です。

主なスマホ処分方法一覧

  • ドコモ・au・ソフトバンクで処分してもらう
  • 自治体で回収処分してもらう

主なスマートフォンの処分方法は以上の2つ。
ドコモ・au・ソフトバンクなどのケータイショップで処分してもらえます。

しかも、携帯会社やスマホのメーカーを問わずに。
また、希望すればその場で破壊も行ってくれるので安心。

個人情報が心配ならこのやり方が安心ですね。
ケータイショップに持って行き、簡単な申込みだけでOK。

簡単・確実・安全に処分したいならこちらがおすすめです。
他にも、自治体に回収処分してもらうという方法もあります。

もちろん、普通に燃えないゴミに出すということではありませんよ。
スマホ・PC・タブレットなどの精密機械はゴミとして出せない地域がほとんどですから。

専用の回収ボックスに投函するか(ボックスは役所や大きな店舗にあることが多い)、リサイクル施設に直接持ち込む形になります。
ただし、地域によってはこういったボックスや施設がないところもあるのですよね。

その場合は、電話で自治体のリサイクル業者に申込む形になりますね(この場合は有料のときも)
どちらにしろ、簡単・確実・安全面でケータイショップの方がおすすめですね。

スマホを買取&下取りしてもらう

iPhone 6 Plusです。

もう一つの処分方法がスマホを買い取ってもらう方法。

最新iPhoneなどは高額で買い取ってもらいやすく、お金のことを考えるのなら、断然こちらの方がおすすめですね。

安全面もしっかりとした所ならそれなりに信頼はできます

何か問題があると、買い取る側の信頼が落ちますからね。
とはいえ、どんな会社にも軽率な行動をする人はいるもの。

しっかりとデータ消去を行い、なるべくそういったリスクを減らしましょう!

主なスマホ買取・下取り方法一覧

  • ドコモ・au・ソフトバンクで下取りしてもらう(条件あり)
  • Appleで下取りしてもらう(ネット申込みの場合はギフトカード)
  • ゲオ・ブックオフなどで買い取ってもらう(店舗系)
  • ネット専門買取業者で買い取ってもらう(ネット系)

主なスマートフォンの買取・下取り方法は以上の4つ。
ちなみに買取と下取りは同じようで違ったものになります。

買取は現金で支払ってもらえますが、下取りは新規購入する機種から下取り分を割引く形になります。

まずはドコモ・au・ソフトバンクで下取りしてもらう方法。
新機種を購入するときは、前の機種を下取りしてもらい、その分をポイントで割引きしてもらう形になります。

会社によって対応機種や下取り価格(ポイント)が違いますね。
また、携帯代のことを考えると格安SIMの方が断然お得なので、これら大手キャリアの利用自体が僕はおすすめしていません。

ちなみに大手キャリア以外にも、Appleでも下取りしてもらえます。
こちらはApple Storeの場合はiPhoneのみになり、下取りに出すと新しいiPhoneの購入価格から下取り額分がその場で割引される形になります。

他にも、オンラインの下取りも行っており、こちらではiPhone以外のスマホやPCもOK。
ただし、支払いはApple Storeギフトカードになりますが。

制約がある下取りよりも、おすすめなのはやはり買取、それもネット専門買取業者に買い取ってもらうのが一番ですね。

現金でもらえるのもそうなのですが、下取りよりも買取の方が金額が高い傾向にあるのですよね。
人気のiPhoneなどで比較すれば、この差は一目瞭然です。

スマホの買取といえば、ゲオやブックオフが有名ですが、店舗系は買い叩かれることが多いので、高値買取希望ならネット系がおすすめですね。

この差は古本買取でも解説しましたが、知名度・店舗コスト・人件費コストの差ですね。
店舗系業者の方がコストがかかるので、買取価格を削ってその分の利益に充てる必要があります。

また、ネット系業者は店舗系よりも知名度が低いため、高く買い取ってお客を集める必要があるのです。
なので、高く買い取ってもらうならネット系業者というわけですね。

ただし、ネット系の場合、スマホが自分の手元から離れてしまうため、より一層データ消去などの自己防衛が必須となります。