1日客2人でも経営は成立する。

お店経営の実態を聞いて衝撃を受けたスヤマタクジです。
今回はその時に聞いたお店経営をまとめたお話し。

美容室は1日2人・整骨院は1日3人

『生活するだけならお客は1日何人くればいいか?』

僕が通っていた美容室と整骨院でそれぞれ聞いたみました。
その結果、美容室は2人・整骨院は2人と答えました。

ちなみに美容室と整骨院がある場所は北九州市、美容室が小さい子供1人の家族3人・整骨院が小さい子供2人の家族4人、店舗代は美容室が月額18万円・整骨院が月額10万円、1人あたりの客単価が美容室1万円・整骨院が4000円(お店で払う金額は一部で後から国から支給される)

どうです?
これを見ると、意外と自分でもできそうと思えません?

もちろん、これは職種によって変わりますし、お店を開く場所や家族などの環境によっても大きく変わります。
とはいえ、ポイントさえ押さえればお店経営はそこまで敷居が高いものではないのです。

お店経営を成功させるポイント

お店経営を成功させるポイントは徹底してコストを抑えること。
極端な話、コストが0円ならあとは生活費を稼ぐだけで十分ですからね。

それは上の美容室と整骨院を比較しても分かりますね。
美容室は1日の売上が2万円で生活できるのに対し、整骨院は1万円2千円でいいわけですから。

1日8000円の差といったら日雇いアルバイトの1日のお給料と同じぐらいですからね。
これが毎日続くのは大きい。

この差はまず家賃ですね(あと整骨院より美容室の方がカラー剤などの道具のコストがかかる)
月額8万円、これを30日で割ると1日2666円の差ですから。

さらに美容室は2人雇っている(なのでお店のスペースも広く家賃も高い)のに対し、整骨院は家族で経営しているので人件費も抑えることができる。

他にも日頃のコストだけでなく、オープンするときのコストも抑える。
意外とお店を開くときにここまで考えている人は少ないのですよね。

コストは工夫次第で思った以上に削れる。
そして、コストを抑えることができれば負ける確率はグンと下がります。

地方は負けない条件が揃っている

コストを抑える一番良い方法は家賃と人件費の二つを徹底して抑える。
この二つがお店のコストでかかる大部分と言っても過言ではない。

できればまずは1人、もしくは家族で経営してコストを抑えたいところ。
家賃に関しては地方でオープンするのが一番ですね。

東京などの人が多いところでは家賃だけでかなり取られてしまいますから。
さらにこういった人の流動が激しい街だと固定客もゲットしづらいというネックがあります。

その点、地方や田舎なら家賃は安い・生活費も安い、さらに人の流動が都会と比べると極端に少ない。
つまり、最初にある程度の固定客をゲットできれば生活は確保できる。

田舎にはあまりお客がいなくてもずっと経営しているお店がたくさんあります。
これはコストが安いので少ないお客でも経営が成立するため。

のんびりとお店経営したいのなら地方や田舎は条件が揃っています。

ではでは、また。