ほぼノープランで起業したスヤマタクジです。
今回はそんな起業に関するお話し。

起業するには考えても仕方ない

起業するには?
ごちゃごちゃ考えずに速やかに行動に移す。

答えはこれだけです。
というのも、いくら考えたところで答えなんて出ないからです。

なにしろ未知のことに挑戦するわけですから。
何が起こるかはやってみるまでは分かりません。

そんなことをごちゃごちゃ考えても時間の無駄です。
こう言うと、失敗しないために準備することは大切じゃないか!と反論する人もいます。

たしかに起業の行動に直結する準備なら必要です。
例えば、お店を出すならそのお店を出す場所を探したり、開店資金を準備したりですね。

ただし、失敗を避けるための準備は必要はありません。

起業したら失敗します

安心してください。
起業したら失敗しますよ。

なので、失敗を避けるための準備は必要ないのです。
そもそも未知のことに挑戦するのに、失敗しないための準備なんて出来るわけがありません。

経験も何もないわけですからね。
また、準備が整ってから挑戦するにしても、準備が整う状態とはどういう状態でしょうか?

準備万端と思っても、それはあくまで自分でそう思っているだけですからね。
しかも、なんの経験もない未知の領域で。

そんな準備万端などなんの役にも立ちません。
そんなことに時間を使うより、早く起業して失敗しましょう!

勝負はこれからです。

失敗を避けるのではなく、どう乗り越えるか

僕は起業して、大小合わせたら数え切れない失敗をしています。
大きいものだけでも少なくとも3つは失敗していますね。

どんな人でも新しいことに挑戦すれば失敗はします。
大事なのは失敗を避けることでなく、それをどう乗り越えるかです。

失敗してそれを乗り越えることでパワーアップ。
それを繰り返すことでどんどん経験値を積んでレベルアップしていきます。

この辺りはドラクエやFFなどのゲームと同じですね。
また、僕は最初の1年はほとんど稼げずアルバイトをしながら続けました。

それでも今は稼げるようになりました。
一旦起業したら失敗してもしがみついてでも続けることも大事ですね。

ちなみに僕はほぼ高卒で学歴もありませんし、特別な才能があるわけでもありません。
学歴や才能がない僕でも起業して8年(2016年時点で)続けられています。

こう聞くと、起業もそんなに難しくないように思えませんか?(笑)
なので、起業するにはまず起業してみることが大事なのです。