色々と試した結果、スマホは特定のことでしか利用しないスヤマタクジです。
今回はあなたはスマホを有効活用できていないといったお話し。

よくあるスマホの活用方法

あなはスマホを有効利用できていますか?
よくある利用方法といえば、ネット検索・ゲーム・動画視聴・LINEなどのSNS・電話などなど。

こんなよくある方法でしか利用していないのなら、あなたはスマホを有効活用できていない。

こんなスマホ活用方法はもはや時間の無駄

ネット検索・ゲーム・動画視聴・メール・SNS・電話のみでは、あなたはスマホを有効活用できていないと言いましたが、それがこれらの状態だったらもはや時間の無駄。

それは暇つぶしにネット検索・ゲーム・動画視聴を行うことですね。
字そのままに、暇や時間を潰しているわけですから。

無為に時間を過ごしたところでそこからは何も生まれません。
それなら、目的を持って時間を使いましょう!

また、寂しいからといって、メール・SNS・電話などに依存するのはもはや有害レベル。
スマホ依存症などの問題も出て来ていますからね。

スマホがないと不安!というレベルになったら、もはや有効活用どころではありませんから。
ネットで繋がったところで、最終的な孤独感を埋めることはありません。

他にも、PC(パソコン)やインターネット代がもったいないからと、常にネット検索やニュースチェックはスマホで済ませるという人もいます(さすがに仕事もスマホで済ます人はいないと思いますが)

が、ある程度長時間の作業をするのならPCを持っていた方が断然お得。
なぜなら、作業効率が全然違うため、その分の時間を節約できるからです(1日では少しでも1年にしたら膨大)

時は金なりと言うように時間は有限。
同じ作業をするのなら時間短縮で。

また、PCやインターネットも安くなってきましたし、なんならタブレットをPC代わりにしたり、スマホを格安SIMにして安く済ます方法もあります。

まだやっている人が少ないおすすめのスマホ有効活用法

まだやっている人が少ないおすすめのスマホ有効活用法は、電子書籍で読書を行うこと。

電子書籍はスマホでも読める・紙の本より安い・置き場所に困らないと、メリット満載のツールなのですが、まだまだ利用していない人が多いのですよね。

もともと読書をする人はもちろん、今まで読書の習慣がなかった人もこれを機会に始めてみてはいかがでしょうか?
人は経験することで成長します。

もちろん、実際に経験するのが一番ですが、時間・環境・お金の面でそれがなかなか出来ない人も多いはず。
そんな時に役立つのが疑似体験をさせてくれる本なのです。

実際に体験したものよりは経験値は薄いですが、それでもその知識やノウハウが活きる場面はたくさんあります。
ただし、注意点として漫画のみ・ビジネス書のみ・小説のみ・自己啓発書のみといった一つのジャンルのみしか読まない読書はやめましょう。

こういった読み方をすると、どうしても知識や思考に偏りが出てきます。
せっかく気軽に疑似体験ができる読書なのですが、色々なジャンルの本を読んでみましょう!