大手キャリアは料金が高過ぎると感じるスヤマタクジです。
今回は大手キャリアと格安スマホの料金に関するお話し。

大手よりも魅力的なMVNO・格安SIMという選択肢

スマホを使っている人はだいたい大手。

現在スマホを使っている人の多くがドコモ・au・ソフトバンクのいずれかで利用していると思います。

新規、または買い替えなどで料金を比較する時でも、この3社のみを比較するだけでしょう。

実際に料金を比較してみれば分かると思いますが、ドコモ・au・ソフトバンクに料金の差はたいしてありません

なぜなら、この3社は常に争っていて、料金に差が出ると一気に安いところにお客が流れしまうからです。
なので、例え1社が安くしたとしても残りの2社も追随してたいして差がつくことはありません。

料金を下げるならMVNO(エムブイエヌオー)を利用するのが一番。
MVNOとは、ドコモやauの回線を借りて、それを格安料金で提供しているサービス会社のことですね。

僕はMVNO・格安SIMを利用してから月額料金が2,000円を超えたことがありません
現在のあなたの月額料金と比較してみてください。

けっこうな金額の差があるのではないでしょうか?

iPhoneを使って月額料金も下げられる

iPhoneも使える。

MVNO・格安SIMの一番のネックはまだまだ知名度が低いこと。

そのため、存在自体知らない人も多いですからね~。

また、知っていてもMVNO・格安SIMを利用すると、端末は格安スマホしか使えないと勘違いしている人もいます。

もちろん、そんなことはありません。
人気のiPhoneだって利用できますから。

というより、現在僕は写真のiPhoneを利用しています。
ちなみにその前はドコモでAndroidスマホ(シャープのAQUOS)を利用していて、それをそのままMVNOに変えても利用していました

僕が選んだMVNOの回線はドコモだったので、スマホもそのまま使えたというわけです。
MVNOにすると、スマホはSIMフリーのものを使わないと勘違いしている人もいますが、それも間違いですね。

同じ回線のスマホならだいたい使えます(一部使えないものもありますが)
つまり、現在の僕はiPhoneで月額料金2,000円以下というわけです。

格安スマホなどを選べばさらにコストが下がる

格安スマホでさらにコストを下げる。

MVNO・格安SIMのネックはスマホ本体を用意しないといけないところ。

もちろん、これらのサービス会社でもスマホは購入でき、さらに分割払いも行えます。

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクよりも品揃えが少なく、さらにiPhoneなどは置いてないのですよね~。

なので、iPhoneなどの取扱いがない端末を利用したい時は(SIMフリーのiPhoneは8万円以上する)、もともと持っていなければAppleなどで購入するしかない(僕はそうしました)
また、iPhoneなどの高い端末を購入すると、当然ながらコストがかさみMVNO・格安SIMの魅力が薄まります。

MVNO・格安SIMを魅力を最大限に活かすのなら、やはり端末は格安スマホが一番ですね。
格安スマホなら一番安いもので1万円ちょっとで、そこそこ性能が良いAndroidスマホでも3万円程度で買えますから。

もしくはどうしてもiPhoneなどの高機能端末を使いたいのであれば、中古を選ぶというのも一つの手ですね。