シャープ格安スマホAQUOSセットです。

親用に使いやすいスマホを探している時にシャープのSIMフリー格安スマホも見つけたスヤマタクジです。
今回はそんなシャープAQUOS(アクオス)SH-Mシリーズの評価レビューを。

シャープSIMフリー格安スマホAQUOS SH-Mシリーズとは?

AQUOS(アクオス)SH-Mシリーズとは、シャープが提供しているSIMフリー格安スマホです。

簡単に言えば、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアで提供している高性能Androidスマホ『AQUOS』シリーズのスペックを落としてお手頃価格で販売しているのがSH-M01から始まるSH-Mシリーズです。

今回僕が購入したのは『SH-M04』ですがシリーズを通して基本的な特徴は同じ。

ただし、型番によって画面サイズが小さいmini(SH-M03)だったり、ワンセグを搭載した価格高めな機種(SH-M02)、逆にワンセグを外して価格を抑えた今回のSH-M04だったりと若干モデルチェンジを繰り返しています。

ただ、今後は価格のバランスが良いSH-M04モデルを軸にしてくるのではないかなと思います。

使いやすさと性能のバランスが良いスマホ

シャープ格安スマホAQUOS通常モードです。

初心者やシニア層でも使いやすい格安スマホと言えば、富士通のarrows Mシリーズが有名ですが、シャープのAQUOS SH-Mシリーズも使いやすさや操作のしやすさは負けていません。

さらにシャープの方が富士通よりも基本スペックが上。
この辺りはCPUやメモリなどのスペックを比較すれば一目瞭然ですね。

ただし、同じワンセグ搭載モデルの場合はシャープの方が1万円ほど価格が高く、同レベルの価格帯だとワンセグ搭載なしモデルとなるので注意。

また、シャープも上のような通常モード以外にも下のような見やすく操作しやすいシンプルモードも搭載。

シャープ格安スマホAQUOSシンプルモードです。

シンプルモードはかなり使いやすいですよ。
手に持っただけで電源が入るなど細かいところにも気を遣っています。

遊び心がある人工知能エモパーを搭載

富士通の格安スマホとシャープの格安スマホの一番大きな違いは人口知能(AI)エモパーが搭載されているところ。

Androidなら『オッケーグーグル』でお馴染みのGoogle音声検索やiPhoneなら『Hey Siri』でお馴染み。
あれらに近いイメージ。

ただし、エモパーはこちらから話しかけるというより、向こうから話しかけてくる形ですね(もちろん、外などでは設定しない限りしゃべりません)

正直、GoogleやSiriはITに慣れていない人以外は使いこなせていない人が多い。
自分からスマホに話しかけるというのも何気に慣れないと恥ずかしかったりしますし。

その点エモパーは向こうから話しかけてくれるためそれらのハードルは下がります。
タイミングよく役立つ情報や雑談をしてくれると、ちょっと気持ちがホッコリします。

文字入力やその他のサポート機能も充実

フリック入力って慣れないととても入力しづらい。
AQUOS SH-Mシリーズはフリック入力の不満も解消しています。

iPhoneなどと違い、ボタンを押すとその場で文字が表示されるのではなく、上に表示されるから入力しやすい。
その場で表示されると文字の一部が親指で隠れてしまうため慣れていないと入力しづらいのですよね。

他にもアプリの切り替えが簡単に行える・自動スクロール・時間帯や周りに合わせて画面の表示を自動的に変えてくれるなど、サポート機能も充実しています。

日本人に使いやすい機能を搭載

  • 防水・防塵
  • のぞき見ブロック
  • おサイフケータイ対応
  • 通話などの音が聞きとりやすい
  • 電池長持ち
  • 型番によってはワンセグ対応

この辺りは公式サイトや店頭などでよくアピールされている通りですね。
日本人向けに完全に絞った内容となっています。

iPhoneとシャープSIMフリー格安スマホAQUOS SH-Mを比較

シャープ格安スマホとiPhone比較。

  • 基本的な性能はiPhoneの8割ぐらい
  • カメラの性能は大差なし
  • ディスプレイ(画面)のキレイさも大差なし
  • 重さもほぼ同じ
  • 指紋認証はなし
  • 価格はiPhoneの半額以下

ここからは日本で圧倒的人気のiPhoneと比較(写真はiPhone 6s Plusですが画質や重さのデータは大きさが近いもので比較)
データはそれぞれ最新機種を比較した場合です。

厚みの差はこんな感じ。

シャープ格安スマホとiPhone厚さを比較。

厚みに関してはiPhoneの方が少し薄いですね。

iPhoneと比較評価まとめると、デザイン性と性能は劣りますが価格面と使いやすさはシャープが上

また、iPhoneと違いAndroidは文字の大きさも簡単に変更できる点もシニア層にはうれしいところ。
性能もiPhoneの8割程度あるので、ネット検索・SNS・動画視聴・メール・電話はもちろん、ゲームにも十分対応できるレベルです。

シャープSIMフリー格安スマホAQUOSがおすすめじゃない人

  • iPhoneや高機能Androidぐらいの性能を求める人
  • iPhone並のデザイン性を求める人

正直、家ではPCをメインに使う僕なんかはシャープの格安スマホレベルの性能でも十分。
1ヶ月使っただけですが(親用なので)、一度も特にスペック不足を感じたことはなかったので。

ゲームなども問題なくプレイできました。
よっぽどハードな使い方をしない限り、iPhoneや高性能Androidはハッキリ言ってオーバースペックでしょう。

デザイン性に関してはたしかにiPhoneと比べると落ちますね。
ただ、デザイン性のみで倍以上の価格を出すことに僕は躊躇しますが。

こんな人におすすめ

  • スマホが苦手な初心者
  • 文字の大きさなどが不安なシニア層
  • 操作性を重視している人
  • お手軽価格のSIMフリー格安スマホを探している人
  • お手軽価格で日本人向けの機能が欲しい人
  • 富士通の格安スマホより性能と遊び心が欲しい人

シャープのSIMフリー格安スマホAQUOS SH-Mシリーズがおすすめな人は以上のとおり。
まとめるとお手軽価格・使いやすい操作性・機能も悪くなく遊び心があるですね。

性能の高さとエモパーや画面の遊び心から僕は富士通よりもシャープ派。
ワンセグを外したバージョンは価格や安いからさらにイイですね。

以上、シャープの初心者向けSIMフリー格安スマホAQUOS SH-Mシリーズを評価レビューでした。

ではでは、また。