簡単に出来る節約術は積極的に取り入れるスヤマタクジです(面倒なのは勘弁)
今回はそんな誰でも簡単・自動的に行える節約術のお話し。

誰でも簡単・自動的に行える節約術とは?

誰でも簡単・自動的に行える節約術とは、クレジットカードを積極的に利用すること。
すでに利用している人は『知ってるよ!』と感じですね(今回はすでに使っている人には必要のない話です)

しかし、意外と今でもクレジットカードすら持っていない(数年前の僕)・持っていても全く利用していない人(僕の親)も多くいます。

ということで、ここからはそんなクレジットカードを積極的に利用していない人向けに話しを進めていきます。

クレジットカードを利用すると自動的にポイントが貯まります。
だいたい還元率は1%程度なので、10万円分利用すれば1,000円分のポイントが貯まります。

クレジットカードを利用するだけで自動的に1,000円分の節約が行えるわけです。
ね、簡単でしょ?

ただし、クレジットカードによっては自動的にポイントが貯まらない・貯まるポイントがあまり便利じゃないカードも。
まずはお得で簡単なクレジットカードを選ぶことが大事です。

家賃・光熱費・買物などを積極的に

お得で自動的に便利なポイントが貯まるクレジットカードを見つけたら、次は簡単・効率的にポイントを貯めていきましょう。
クレカで使う金額が大きいほど貯まるポイントも大きくなる。

なら、支払いが大きいものは積極的にクレジットカードで行いましょう。
まずは、電気代・ガス代・水道代・電話代などの光熱費ですね。

これだけでも人によっては3万円~5万円程度にはなるでしょう。
支払いクレジットカードで行えば(支払い変更も電話すれば簡単に行える)、毎月自動的にポイント300円~500円(還元率1%の場合)ゲットです。

ただし、電話代に関してはドコモ・au・ソフトバンクで1万円近く払っているのなら、格安SIM/スマホにすれば月平均2,000円程度(僕の毎月の支払い)に抑えることも可能です。

また、大家が許可すれば、家賃の支払いもクレジットカードで行うことも可能です。
賃貸を借りる前に交渉してみましょう。

契約して欲しさに意外とOKしてくれる大家もいますよ。
逆にすでに契約している状態の場合は難しいですね(クレカの手数料分、大家の取り分が減るため)

家賃がクレジットカード払いできるのならかなり大きいですね。
家賃5万円なら毎月自動的に500円のポイントが貯まるわけですから。

家賃・光熱費などの自動引き落としならクレカに抵抗がある人も利用しやすいのではないでしょうか?
ここだけでも毎月自動的に1,000円分、1年で12,000円分を節約することができます。

さて、クレジットカードに抵抗がある人に多い買物にクレカを使う場合。
もちろん、リスクはあります。

ただ、ネットショップやスーパーのセルフレジ、目の前のレジで読み取る場合には比較的安全。
裏で読み取る場合は何をされているか分からないので、こういった場所では現金払いの方が無難です。

買物はポイント節約術で一番効果的な方法だったりします。
買物するお店によっては還元率がアップする場合があるから。

例えば、クレジットカードに楽天カードを選べば、楽天で買物すればポイントがアップします。
さらに、実店舗でも楽天と提携しているお店で買物をした場合もアップする場合があります。

Tポイントが貯まるYahoo!Japanカードなどでも同じですね。
ネットでも実店舗でもTポイントと提携しているお店で買物すれば還元率がアップする場合があります。

楽天ポイントとTポイントは提携店舗も多いため、これらのカードを利用していれば特に意識しなくてもこういったチャンスを自動的にゲットしていることもありますよ。

生活スタイルによっては電子マネーも

生活スタイルによっては電子マネーを利用するとさらにお得に節約術を実行できます。
分かりやすいのはイオンカードですね。

イオンカードはクレジットカードと電子マネー(イオンの電子マネーはWAON)が一つになった一体型カード。
単体でWAONポイントカードを持つより、一体型のイオンカードを持っていた方が様々な面でお得です。

さらに、電子マネーのチャージ(入金)もイオンカードなら自動的(オートチャージ)に行うことも可能。
イオンを頻繁に利用するなら持っておきたいカードです。