部屋を借りるときはまず家賃。

引っ越し回数は人一倍のスヤマタクジです。
今回はそんな引っ越しの家賃に関するお話し。

家賃にこだわると人生が有利になる理由

部屋を借りるときはまずは一番に家賃にこだわりましょう。
なぜなら、日本の住居費は非常に高く、多くの人にとって人生で一番お金を使うところだから。

つまり、住居費を抑えることができれば、それだけ人生を通して使えるお金が増えるということ。
家賃を1万円下げれたら1年で12万円、10年で120万円も他に使えるお金が増えるわけですから。

特に賃貸なんてただ借りているだけですからね。
いくら払い続けても自分のモノになるわけではありません。

だからって持家がいいわけでもないですよ。
一括で買うならともかく、ローンで買ったら何十年と借金に縛られ続ける人生になるわけですから。

賃貸なら徹底して家賃を削り、家を買うなら一括もしくは一桁単位の短いローンで済むものだけにする。
これだけで他の人より人生を有利にすることができます。

具体的な物件の探し方

ここからは具体的にどうやったら住居費が抑えられるかを解説。
まずはコスト以外の条件を絶対に必要な条件とそれほど重要じゃない条件に分けましょう。

例えば、僕なら家で仕事をしているため静かに働ける環境は絶対に必要な条件。
上の階の住人がうるさかったなど、何度か騒音問題では痛い目に遭ったので。

あとは場所も大事ですね。
いくら安くても通勤に何時間もかけていたのでは時間の面で損をしていますから。

こういった絶対に外せないという条件の中からより安い物件を探しましょう。
ちなみに新築がいい、デザイナーズマンションが良いとか気分を上げるためのものはそれほど重要じゃない条件。

そんなものは慣れると元の状態に戻りますし、気分なら自分の工夫次第でいくらでも上げることはできます。

それをお金で解決していると、なんでもお金で解決する思考停止状態に陥りやすくなる。
そういった面でもおすすめしません。

家賃を下げる具体的な方法

一番良い方法は自分で徹底的に調べること。
今は『スーモ』などの賃貸情報サイトにほとんどの物件は掲載されていますから。

誰も借りてくれないとお金にならないため、家主だって不動産屋だって借りて欲しいのです。
よく言われる不動産屋が隠し持っている物件なんてほぼないと思って間違いありません。

気になる物件は全てプリントアウト、それを持って不動産屋に行きましょう。
釣り物件が多いため、ちょっと多いぐらいに持っていくのがちょうどいいですね。

僕は10件持っていて本当にあったのは3件だったとかのパターンも経験ありますし。
そういった作業が面倒でいきなり店舗に行きたい人は、不動産屋に家賃は低めに伝えましょう。

高めに設定するとその上限いっぱいの物件ばかり出してきやすいのと、不動産屋によってはそこを少しオーバーしたものを出して巧みに気持ちを揺さぶってくる営業マンもいますから。

そこでまず低めで伝え、そこで見つからなければ少しずつアップする形で。
また、良い物件が見つかってもすぐに契約せず、『もう少し下がったら決めるのだけど』などと伝え、家賃を下げてもらう交渉をしてもらいしょう。

運が良ければそれで数千円、僕は最大で3000円家賃が下がったことがあります。
言わなきゃ3000円高いだけですからね、言っておいて損はありません。

ハッキリ言って営業マンとこちらの利害は完全には一致しません。
良い部屋を借りるには営業マンとの駆け引きも大事です。

ではでは、また。