プロバイダとかがネットは面倒だと感じるスヤマタクジです。
今回はそんなプロバイダに関するお話し。

プロバイダの比較ポイントは料金1つのみで十分

プロバイダの比較ポイントは一つだけ。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)、またはインターネット接続事業者の比較ポイントはほぼ1つだけ。

それは料金です。

もちろん、インターネットサービスプロバイダにはその他にもサポートやサービスなどの違いもあります。

しかし、普通にネットを使うだけなら、その他の比較ポイントは無視して料金にだけ注目して問題ありません
その理由については以下で詳しく解説していきます。

料金はプロバイダによって月額500円~2,000円程度大きく開きがあります。
プロバイダを選ぶときは自分が使えるもので一番安いものを選びましょう!(ネット回線や申込む会社によって使えないところもある)

さすがに全くサービス名も運営会社も知らないところは避けた方がいいですが、それ以外であればなるべく安いプロバイダを選ぶのが基本。

また、今はプロバイダとネット回線を1つにまとめている会社も多いので、手続きや問い合わせの手間を避けるならそういったところを選ぶ方がおすすめです。

プロバイダの比較ポイントが1つで十分な理由

ここからは、インターネットサービスプロバイダの比較ポイントがなぜ料金1つだけで十分なのかについて解説していきます。

サポートやサービスは大事だが実はたいして必要ない

色々なサポートやサービスは必要ない。

インターネットサービスプロバイダは、一見すると料金以外にもサポートやサービスも比較した方がいいように思えます。

しかし、最初に書いた通り、普通にネットを使うぐらいなら料金のみで十分です。

たしかに料金が高いプロバイダの方がサポートやサービスは良い傾向にあります。

サポート電話は繋がりやすく、サービスもメールやセキュリティなどが充実していたりと。
逆に格安プロバイダはサポート電話は繋がりにくい(基本メールサポートのところも)、メールやセキュリティのサービスは付いてなかったりします。

とはいえ、それが本当に必要でしょうか?
メールはYahoo!やGoogleのセキュリティがしっかりとフリーメールがありますし、セキュリティソフトも市販に良いものがたくさんあります(後述)

電話もそんなにかけることはありませんよね?
僕は最初に何度か掛けた後は一切電話サポートは利用していません。

簡単なことならネットで検索すれば出てきますし、昔はともかく今ならPCが使えなくてなってもスマホで調べることができますから。
そんなサポートやサービスのために毎月高いお金を払うのはバカバカしいと思います。

ちなみに月額が高いところでも全く待たされずすぐに電話が繋がるわけではありませんよ。

セキュリティソフトは自分で選んだ方が安い&安全

セキュリティソフトは自分で選ぶ。

月額が高いインターネットサービスプロバイダは、サービスの中にセキュリティソフトが含まれている場合が多いです。

が、セキュリティソフトはプロバイダ経由よりも直接自分で申込んだ方が安く済みます。

また、セキュリティソフト界の実力者は広告や提携に力を入れておらず、プロバイダ経由では申し込めないところが多くなっています

なので、セキュリティの性能・軽さ・安さを求めるのなら自分で探すのが一番。
国際的に評価されているセキュリティソフトとしては『ESET』が有名です(僕も長年愛用しています)

プロバイダの違いで速度は変わらない

だいたいの回線はフレッツ光系だから。

たまに勘違いしている人がいますが、インターネットサービスプロバイダの違いでネット回線の速度は変わりません。

プロバイダはインターネット接続事業者であって、ネット回線自体を管理しているわけではないからです。

ネット回線を管理しているのは回線事業者の方ですね。

なので、速度に不満があるのならプロバイダではなく、ネット回線事業者を変更するのが基本となります。
ただし、それも選択肢はかなり限られますね。

というのも、日本の光ネット回線の多くがフレッツ光だから。
名称が違っても、フレッツ光の回線を借りてサービスを提供している事業者が多いからです。

当然、名称が違っても同じフレッツ光の回線なら違いはありません。
ちなみに速度に違いが出るのは、戸建てと集合住宅(マンション・アパート)の違いと、周りの環境によるもの。

集合住宅の場合、1つの回線を集合住宅の世帯で分け合って使うため、戸建てよりも速度が出づらくなります。
極端な話、速度は頻繁に変わります。

周りの状況が常に変化しているわけですから。
現在はPCを使わなくても、スマホやタブレットなどをWi-Fi接続して利用する人も多いですから。

正直、集合住宅に住んでいて速度を気にしてもどうにもならないと思います。
戸建ては集合住宅よりは影響を受けづらいですが、それでも全く影響を受けないわけではありません。

自分の家に入ってからの光回線は独占していますが、そこまで来る回線は他と共有しているからです。
また、家族4人が一斉に利用したりすれば、四等分されるのでやはり速度は落ちます。