ポケットWi-Fiも検討したけど、最終的には光ネットにしたスヤマタクジです。
今回はそんな理由に関するお話し。

そもそも光ネットよりも料金は安くない

最近、情報リテラシーが高い人(情報に強い人)やミニマリスト(極力モノを持たない人のこと)・節約家の間で人気なのがポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiと呼ぶことも)。

その影響か、ポケットWi-Fi=光インターネットよりもお得な回線というイメージが。
大手家電店などでも光ネットよりもプッシュしているお店も多いですからね。

ただ、最初に言っておくとポケットWi-Fiは光インターネットより料金は安くなく、プランによってはむしろ高くなります。
というのも、光ネット回線の方も昔と比べて料金が下がってきたからです。

格安光ネット回線も登場しましたから。
格安光ネット回線なら月額3,000円ちょっと(マンションタイプならファミリータイプは4,000円ちょっと)で利用でき、ポケットWi-Fiの一番安いプランとだいたい同じぐらいの料金です(高いプランは月額4,000円以上)

ちなみに、これより安い料金で紹介しているサイトや人がいますが、それはキャンペーン料金。
ポケットWi-Fi・モバイルWi-Fiはキャンペーン料金で最初の数か月は安く、徐々に月額が上がっていくシステムになっているので。

光インターネットと違って速度制限がある

実は料金的な差がないポケットWi-Fiと光ネット回線ですが、性能面では差があります。
というのも、ポケットWi-Fiは速度制限があります。

通常プランで月間7GB、使いたい放題プランでも3日で3GB利用で速度制限がかかります。
速度制限がかかったら、かなりストレスが溜まりますね(スマホをイメージしてもらえれば分かるかと)

速度制限が一切ない光インターネットとはここが大きな違い。
家でPC作業をガンガン行う僕にはこの速度制限は致命的でした。

僕と同じようにガンガンPC作業を行っている人もポケットWi-Fiを薦めていましたが、この速度制限はストレスが溜まらないのですかね。

そんな人は光ネットと違い、ポケットWi-Fiは外に持ち運べ、そしてカフェなどで毎日の仕事ができるのを魅力に挙げていましたが、そもそも家じゃなくてカフェで仕事をするのが意味が分かりませんし。

周りに人がいるカフェより家の方がダンゼン集中できるんですけど!
そもそも、カフェに行くとお金がかかるし、それも含めるとポケットWi-Fiの方がかなり料金高いですよね。

料金の安さを求めるなら格安SIMの方が安い

料金の安さ&持ち運びを求めるなら、ポケットWi-Fiよりむしろ格安SIMの方が安い。
格安スマホで有名なヤツですね。

外でPCを使うなら格安スマホとテザリングで繋いでもいいですし、格安SIMを直接PCに挿すこともできます。
スマホの通信速度もどんどん上がってきて、ポケットWi-Fiとスマホはそこまで速度差がありませんからね(光ネット回線はワンランク上)

格安SIM・スマホなら10GBプランでポケットWi-Fiや格安光ネット回線と同じぐらいの料金。
1つにまとめることで一番コストが抑えられます。

10GBもあれば、PC作業をガンガンしたり、動画をガンガン観たりしなければ足ります。

こんな人はポケットWi-Fiがおすすめ

カフェでPC作業を毎日のようにしたり、外でガンガン動画を視聴したい人、ノマドワーカー(家やオフィス以外の様々な場所で仕事をする人のこと)なんかも光ネットや格安SIMよりポケットWi-Fiの方がおすすめですね。

逆に言えば、それ以外の人にはおすすめしません。
家メインで作業していてもポケットWi-Fiをおすすめしている人もいましたが、こういった人はもしかしたら格安光ネット回線の存在を知らないのかもしれませんね。