格安スマホの電話かけ放題が充実し、もはや大手キャリアとの差がなくなってきたなと感じるスヤマタクジです。
今回はそんなドコモ・au・ソフトバンクと格安スマホの比較に関するお話し。

格安スマホの電話かけ放題が充実してきた

格安スマホ・SIMは安いけど、ドコモ・au・ソフトバンクと違い、電話かけ放題がないのがネックだよな~と思っていたところに、格安スマホでも本格的に端末代込み&通話定額制プランが出来た!

それが2016年7月頃の話。
ただ、その時は楽天モバイル・UQ mobile・FREETELなどの数社しかなかったのですよね。

が、その状況も一気に変わりました!
2016年11月時点では10社以上のMVNO(格安スマホ・SIMの提供会社)が通話定額制プランを開始しています。

主要なMVNO会社はほぼ対応しているため、もはや電話かけ放題は当たり前になってきました。
通話定額制プランの本格開始から半年も経たないうちにこの変化。

今後、さらにこの波は加速するでしょう。
さらに、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアとの差が縮まるのです。

今後、さらに充実させることも発表

ただ、格安スマホの電話かけ放題にはまだまだ弱点があるのですよね。
ドコモ・au・ソフトバンクよりも月額料金は安いのですが、5分だけという時間制限がある・回数制限がある・050のIT電話しか利用できないなど(MVNO会社によって条件が違う)

一番多いのが、月額プラス800円前後で5分の電話かけ放題(回数無制限)の通話定額制プランですね。
日頃あまり電話しない僕なんかはこれでも十分ですが(というより、通話定額制プランが必要ない)、5分じゃ足りないという人も。

けっこう周りでもここを気にして、ドコモやauやソフトバンクのままという人も多いのですよね。
しかし、そこに新たに電話かけ放題の時間を5分から10分に増やしているMVNO会社も登場!

一応、キャンペーンによる期間限定となっていますが、これが好評なら続けるでしょう。
で、その他のMVNO会社も追随してくるはず。

そうなれば、さらに格安スマホの通話定額制プランも充実します。

もはや格安スマホとドコモ・au・ソフトバンクの差はなくなってきた

このままいけば、格安スマホとドコモ・au・ソフトバンクの電話かけ放題の差はなくなってくると思います。
データプラン(ネット使い放題)はすでに格安SIMが上。

となれば、あとは端末代コミコミプランのみですね。
こちらもすでにiPhoneやGalaxyやXperiaといった高機能Androidスマホにこだわらないのなら格安スマホの方が上。

端末代・ネット・通話コミコミプランもかなり安く料金で提供されていますから。
また、実は格安スマホでもGalaxyやXperia並の高機能スマホが半額近い価格で提供されています。

HUAWEI・FREETEL・ASUS ZenFoneの高機能シリーズがそれですね。

この3つの高機能シリーズは3万円~5万円程度ですが、性能はGalaxyやXperia並、iPhoneにだって負けていません。
とはいえ、日本人は圧倒的にiPhoneが好きが多いので、あとはiPhoneの取扱い次第でしょうね。

ただ、みんなiPhoneを使っている中、わざわざみんなと一緒にするのはどうかと思いますが。
個性を出すなら敢えてiPhone以外でしょう!

ではではまた。