パソコンの可能性は無限大と豪語するスヤマタクジです。
今回はそんなPCの可能性に関するお話し。

スマホやタブレットとは可能性が桁違い

iPhoneはなどのスマホはもちろんタブレットともケタ違う。

今も昔も情報は非常に大事。

情報力の差が生活レベルを決めるとまで言われていますからね。

特に現代社会はインターネットが発達し、そこから瞬時に様々な情報を取得できます。

ただ、そのツールとしてスマホやタブレットを使うのは問題ありません。

お手軽でPCよりも操作も簡単ですからね。
しかし、スマホやタブレットを持っているからといってPCを持たないと選択肢を取るのは非常に損をしています。

なぜなら、PCのポテンシャルの高さはスマホやタブレットの比ではないから。
単純に情報収するだけでもPCの方が素早いですし、単純にLINEやメールするときもPCで文字を打つ方が格段に早い。

たまにPCを使ってなくて、スマホで非常に早く文字を打てる人が『自分はPC以上に早く文字が打てる!』と豪語する人がいますが、PCのキーボード打ちをマスター人のスピードはそれらの比ではありませんから。

単純に使う指の数が違いますからね。
PCは両手10本をフル活用するのに対し、スマホでは片手の親指1本、サイズが大きいスマホでもせいぜい両手の親指2本などですから。

大きなタブレットならPCのキーボードのように打てますが、そのサイズになればほぼPCと変わりませんし。
まず時間短縮という面でPCはスマホやタブレットを凌駕しています。

個人で稼ぐならネットの仕事はもちろん、それ以外でも役立つ

パソコンは色々な場面で役立つ。

もちろん、PCの魅力は単純な時間短縮だけではありません。

今のところ、ビジネス面で一番ポテンシャルが高いツールですね。

会社に置かれているのはほとんどPCで、スマホやタブレットで仕事をする会社は今のところありませんから。

タブレット型PCなども登場しているため、将来的にパソコンとタブレットの境界線はなくなると思いますが、スマホで本格的な仕事をすることはこれから先もできないと思います。

画面サイズを自由に調整できるようなものが出てくれば話しは別ですが、それはもはや今のスマホとは別のものですからね。
なので、PCを使えるかどうかは収入面に大きく影響してきます。

僕のようにネットメインでビジネスをしている人は当たり前、それ以外の仕事をしている人でもPCは強い味方となってくれます。
一番身近なところでは店舗経営をしている人ですね。

ホームページやブログなど、PCがあれば様々な形でネットから集客を行えますから。
しかも、紙の広告と違い、ネット集客はお金がほとんどかからないものが多い。

資金に余裕がない個人経営者など、PCを使えるかどうかは非常に重要なポイントです。
また、サラリーマンであってもPCが使える副業が行いやすいですからね。

苦手意識は一旦忘れる。難しい部分はほとんどの人に必要ない

簡単な部分だけなら意外と簡単。

PCをまったくやらない人で非常に多いのがなんだか難しそうといった先入観や苦手意識。

こういった苦手意識などは一旦忘れましょう。

たしかにプログラミングなど、PCは高度なことも行えますが、ハッキリ言ってほとんどの人にとって高度な機能は必要ありません。

会社員でもなければ、有名ビジネスソフトであるWord(ワード)やExcel(エクセル)なども覚える必要がないぐらいですね。
僕は一応、会社員時代にWordやExcelの操作を覚えましたが、独立してからは全く使う機会がないので。

ああいったスキルは会社員として働くためのスキルなのかなと思います。
個人で稼ぐPCスキルとして必要なのはまずは簡単なブログを作る力。

ネットメインで稼ぐにしても、個人店舗経営を行うにはブログは非常に役立つツールですから。
ブログを作れるようになることに損はありません。

あとはそこからどう発展させていくかはあなた次第。
そのまま文章を磨くのか、それとも画像スキルを磨くのか、はたまた動画スキルを磨くのか。

もちろん、これら全てを磨くという方法もあります。
やっていくうちにその中でもあなたが得意なこと、好きなことが見つかります。

あとはそれらを磨いていくだけ。
もちろん、こういったことはやろうと思えばスマホやタブレットでも行えますが、PCだとその作業のスピードが違います。

そして、大事なのは量をこなすこと。
たくさん量をこなすためにも、よりスピーディーに作業をこなせるPCは必須アイテム

成長スピードがまったく変わってきますよ。