嫌な仕事なら辞めちゃえばいいのにと思うタクです。
今回は嫌な仕事ならバイト感覚で転職しようというお話し。

嫌な仕事を続けるぐらいなら転職しよう

嫌な仕事を続けるぐらいなら、起業か転職をしましょう!
僕は起業の方をおすすめしますが、日本ではまだまだ会社員の方が人気ですからね。

また、人によっては性格的に会社員の方が向いている人もいます。
ただ、一口に会社員といっても色々な仕事があるから。

今の仕事が合っていないと思うのなら、即転職するべき。
嫌な仕事を続けているとストレスが溜まり、それが原因で体や心の病気になるからです。

仕事は人生において一番時間を使うもの。
だからこそ、ここで溜まるストレスは時間が経てば経つほど膨大なものとなります。

仕事終わりや休日でストレス解消をしたところで、とても解消できるものではありません。
そのうち爆発しますよ。

年を取って病気になる人が増えるのは、加齢よりもストレスが原因でしょう。
規則正しい生活をしているのに病気になる人も多いですからね。

なぜバイトのように気軽に転職できないのか?

起業するのに躊躇するのは分かります。
今まで会社員をしていたのなら未知の世界に踏み出すわけですからね。

ただ、転職を躊躇する理由は僕にはよく分からないのですよね。
僕なんか正社員になって1ヶ月で一度辞めようとしたぐらいですから。

それは一緒に入った友達に物凄い説教を喰らって未遂に終わりましたが、僕一人で入社していたのなら確実に辞めていました。

僕以外にもアルバイトならすぐに辞めて新しいバイトを探したことある人は多いですよね?
なのに、なぜ正社員になるとバイトのような感覚で転職できないのでしょうか?

バイトも正社員も同じ感覚の僕にはどうしてもここが理解できません。
嫌な仕事ならサッサと転職すればいいのに。

一度正社員を冷静に分析してみてください

みんな正社員をよく考え過ぎなんじゃないかなと思うのですよ。
アルバイトや派遣社員よりも正社員は保障がしっかりとしているとかよく言いますが、本当にそうでしょうか?

アルバイトや派遣よりもクビにしづらいとはいえ、正社員だってリストラはあります。
また、給料だって同じ会社なら正社員の方が高いですが、他の会社のアルバイトと比べたらたいして変わらないということもあります。

僕が働いていたところは残業代・休日手当などは一切つかないのに長時間労働が基本だったので、時給にするとアルバイト時代の方が良かったぐらいですから。

年金が会社員の方がいいという意見も多いですが、それは現時点で。
将来もこのままという保障は何もないのですよ?

なにしろ日本はトンデモない少子高齢化社会ですからね。
物理的に考えて、今の年金システムがこのまま維持されるというのは考えにくい。

それに、将来的に年金が多いなら今が楽しくなくてもいいのですか?
どうなるか分からない老後より(生きている保障もない)、今の幸せを追求した方がよっぽど良くありません?