会社員からフリーランスになって一度も後悔したことがないスヤマタクジです。
今回はそんな起業・フリーランスのリスクとメリットに関するお話し。

起業・フリーランス(自営業)のメリット

  • 自分で好きに仕事が決められる
  • 働く時間や休日なども自由に決められる
  • 人間関係の自由度も高い
  • 会社員ではありえない収入を稼げる可能性もある
  • 収入が上がるときも会社員ではありえないスピード

起業・フリーランス(自営業)のメリットをまとめると以上の通り。
全体的に会社員よりも自由度が圧倒的に上がるのが魅力ですね。

大きな会社を立ち上げるのは別として、個人で起業・フリーランスを行うなら仕事は自由に選べますからね。
会社員のように嫌な仕事を押し付けられることもありません。

依頼が来ても、やりたくなければ断ればいいわけですから。
また、働く時間や休日の自由度も高い。

僕みたいなネットフリーランスなら、この辺は自由自在ですからね。
ついでに人間関係の自由度も高い。

嫌いな人とは付き合わなければいいだけですし、こちらもネットフリーランスなら住む場所なども自由自在です。
環境だって好きに変えられます。

あとは収入面でしょう。
ハッキリ言って、大きく稼ぎたいなら会社員より起業・フリーランスの方がよっぽど可能性が高い。

会社員で稼げるのは熾烈な競争に勝ち残った一部だけですからね。
この競争に比べたら、起業・フリーランスで稼ぐ方がかなり楽。

年収1000万円ぐらいなら僕みたいな低学歴・特に才能なしの男でも1度ぐらいは達成できますから。

また、会社員ではありえないスピードで収入がアップすることも。
僕は15万円だった月収が3ヶ月後に100万円になったことがあります。

こんな収入アップは会社員ではありえません。

起業・フリーランス(自営業)のリスク

  • 稼がないと収入0円の可能性も
  • 軌道に乗るまで低空飛行になることが多い
  • 収入が下がる時のスピードも早い
  • 会社や店を経営していると借金を抱えることも

起業・フリーランス(自営業)のリスクをまとめると以上の通り。
全体的にお金に関することが多いですね。

好きな出来る分、稼がないと収入0円という可能性もあり。

ここを怖れている人は非常に多いですね。
また、最初の1年など、軌道になるまでなかなか収入が上がってこないのもよくあること。

そして、収入が上がるスピードも早いですが、下がるときも早い。
僕は200万円だった月収が3カ月後に10万円まで一気に下がった経験もありますから。

他にも、会社やお店経営をしている場合、失敗すると借金を抱えてしまうリスクもあり。
ただし、ここは法人化していれば、会社が破産しても代表者は法的責任を負わないのが原則。

個人でも大き過ぎる借金は自己破産という手もありますし。
また、僕みたいなコストがかからないネット起業フリーランスの場合、失敗したところで収入が減るだけで借金を抱えることはありません。

会社員に戻れないはデメリットじゃない

たまに起業・フリーランス(自営業)になるデメリットとして、元のような会社員に戻れないことを挙げる人がいます。

ただ、これはデメリットじゃありません。
そもそも、会社員を辞めて起業・フリーランスになろうと思ったのは会社員に不満があるからですよね?

それなのに、一度失敗したからといって、また嫌な会社員に戻るつもりですか?
起業・フリーランスと一言にいっても、いろんな仕事やいろんなやり方があります。

失敗したのなら、次は別の方法でチャレンジすればいいだけ。
しかも、今度は一度失敗したという経験があるわけですから。

それを捨ててまた嫌な会社員に戻ることの方がよっぽどデメリットです。