免許も持っていないのに自動運転車の発売に興奮するタクです。
今回はそんな自動運転機能が搭載された『日産 セレナ』発売から感じたお話し。

ついに日本でも登場した自動運転車

2016年8月月24日、日本でもついに自動運転車(プロト版)が登場しました!
その名も『日産 セレナ』

僕は車に詳しくないので初めて聞きましたが、セレナは昔からずっと日産から販売されているシリーズ物なのですね。

その新型セレナに自動運転技術『プロパイロット』が搭載されました。
自動運転技術はメーカーによって呼び方が違うようで、国土交通省では自動運転システムを『オートパイロットシステム』と呼称しています。

日産はこのオートパイロットシステムをイチ早く登場させたわけですね。
さすが技術の日産!(車に詳しくないので人から聞いただけですが 笑)

車といえばトヨタのイメージがありましたが、トヨタは逆にオートパイロットシステムに2016年現在は否定的なようで。

ただ、今回はその第一弾ということで、高速道路の運転を手助けする程度の自動補助的なシステムみたいですね。
日産は2016年・2018年・2020年と3段階での商品化を目指しているようです。

2018年に高速道路での完全な自動運転、2020年に一般道での自動運転の実現を目指しているようです。

国土交通省も乗り気

上で国土交通省では自動運転システムを『オートパイロットシステム』と呼称していると触れた通り、国交省も自動運転車にも乗り気なようで。

『国土交通省が自動運転の国際基準作りに乗り出す』といったような記事も登場しましたし。

これは本格的に自動運転車の未来が見えてきましたね。
これがキッカケで、自動車界の勢力図も大きく変わるかもしれません。

オートパイロットシステムに積極的な日産と否定的なトヨタですからね。
もしかしたら、トヨタは自動運転車がキッカケで最悪倒産するかもしれません。

普通に考えてこちらが主流になるのは分かりそうなものなのに、なぜ世界のトヨタが乗り遅れてしまっているのか・・・。

免許がない僕でも気軽に車に乗れる時代へ

うまくいけば、僕のように免許がない人でも2020年には気軽に車に乗れる時代が到来するかもしれません。

是非とも、国土交通省には免許なしでも自動運転車なら乗れるようにして欲しいものです。
仮にそうなったとしても車は高くて買えない!という人も安心してください。

タクシーがあるじゃないですか。
自動運転なら人件費もかかりませんし、その分、タクシー代は安くできる。

さらに、燃料なども改善できれば、今のタクシー代の1/10のくらいにはできるのではないでしょうか。
タクシーの初乗り50円とかだったら、あなたも気軽にタクシーに乗ろうと思いませんか?

そうなったら、もう個人で車を所有する時代は終わるでしょうね。
乗りたい時に自動運転タクシーを利用する方が安いですから。

自動運転タクシーがその辺にたくさん走っている、または不要になった駐車場などに停まっているなど、免許がなくても誰もが簡単すぐに車が利用できる時代がやってきそうです。