2016年から劇的に本代を節約しているスヤマタクジです。
今回はそんな本代の節約に関するお話し。

情報リテラシーが高い情報強者がやっている本代節約術

それは紙の本から電子書籍に変えること。
これだけ。

情報リテラシーが高い情報強者はどんどんこちら側に切り換えています。
スマホと同じですね。

知っている人はドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアのスマホは利用しません。
格安SIM・スマホなら同じような品質とサービスでより安く利用できることを知っているからです。

本も同じです。
紙の本より電子書籍で読んだ方が本代はかなり節約できます。

紙の本派の人は読み心地やにおいなどを理由に電子書籍を否定する人もいますが、そんなことを吹っ飛ばすぐらい安いですから。
さらに、紙の原料となる森林伐採もなくなるので、大義名分という面でも強い。

また、電子書籍版のみの特典などもありますしね。

具体的に節約できる金額

紙の本より電子書籍の方が節約できる。
では、具体的にどれぐらい節約できるのでしょうか?

電子書籍は紙の本より定価が少し安い場合が多い・無料で読める作品がある・クーポンで最大50%OFFになる・セールで最大80%OFFになる・ポイントでの値引きもある

どうでしょう?
紙の本より節約できるのは十分に分かると思います。

クーポンは5冊までと冊数制限があるものもありますが、なかには冊数制限がないものもあり、まとめ買いをするのに非常に便利。

また、Amazonが定額制の読み放題サービスも始めました。
一部だけとはいえ対象作品も多く、このサービスを利用すればさらにお得に読書ができるようになりました。

節約できるのはお金だけじゃない

電子書籍の魅力って、金銭面だけではないのですよね。
なぜなら、本の置き場所や整理する時間も節約できるから。

僕もそうでしたが、紙の本ってかなりかさばりますよね。
漫画なんかはどんどん巻数がたまり、あっという間に本棚を一杯にします。

そのせいで、僕は紙の本時代は部屋に本棚が3つありましたから。
電子書籍ならタブレットやスマホが1つあれば読めるので、置き場所のスペースを格段に節約してくれます。

もうたまった本をブックオフに売りに行ったりしなくてもいいのです。
さらに、アプリが優秀な電子書籍ストアなら本の整理も自動で行ってくれる。

紙の本のように本棚を整理する必要はなく、時間も節約できます。
お金・時間・スペース・労力を格段に節約してくれるのが電子書籍の魅力。