お金がない時代は『お金は大事じゃない!』なんて言っていたスヤマタクジです。
今回はそんなお金に関するお話し。

まずはたくさん稼いでから言いましょう

『お金は大事です。』
もちろん、お金が全てとは言いませんが、お金が無いとできないことも多いですからね。

『お金は大事じゃない』と言う人はハッキリいって現実を見ずに逃げているだけ。
そんなセリフを言うのならまずはお金を稼いでから言ってください。

たくさんお金を持ったことないのに『お金は大事じゃない』と言っても説得力ありませんよね?
1億とはいいません、せめて1000万円は稼いでからもう一度考えてみましょう。

それなら僕も聞く耳を持ちます。
もちろん、そう言うからには僕も1000万円ぐらいは稼いだ経験はあります。

人の役に立つことがしたいの矛盾点

お金は大事じゃない・お金が全てじゃない。
こんな人は『人の役に立ちたい』『お金は稼げなくてもいいから人の役に立つ仕事がしたい』といったことも言います。

そんな人には逆に人の役に立たない仕事ってなに?と聞きたい。
僕が騙されたマルチ商法でしょうか?それとも、詐欺や強盗など??

普通の仕事をしていれば、それだけで人の役に立っています。
感謝してお金を払う人がいるからこそ、仕事として成立しているのですから。

また、お金を稼げば税金を納めることにもなり、そのお金が国や地域に使われています。
つまり、普通に働いていればそれだけで人の役に立っています。

正しくお金を使うのが一番いい

お金=汚いというイメージを持っている人がまだまだ多い。
が、お金に汚いも綺麗もありません。

あるのは良い使い方と悪い使い方があるだけ。
例えば、人の役に立ちたいと考えているのなら寄付すればいい。

調べれば色々なところに寄付できることが分かるはず。
また、寄付じゃなくても自分が実現したいビジネスにお金を使うのもアリ。

こういったことはたくさんお金があればあるほど効果を発揮します。
つまり、多くの人の役立ち立ちたいのなら、多くのお金を稼ぎ、そのお金を正しく使うこと。

お金は大事じゃないと質素に暮らすのとどちらが世の中の役に立ちますか?
もちろん、そんな生き方も悪いわけではありません。

ただ、その生き方を選ぶにしろ、まずはしっかりと現実と向き合ってからにしましょう。

ではではまた。