解決策は簡単。仕事を変えるのみ

月曜日が憂鬱な理由の大半は仕事。

仕事が始まる月曜日は憂鬱。

こんな人は多く、僕も昔はそうでした。

ただ、今の仕事を始めてから月曜日が憂鬱と思ったことがないのですよね。

稼げるようになってからはもちろん、稼げなかった時も月曜日が憂鬱と思ったことはありません。

まあ、稼げなかった時は毎日金銭的なストレスを抱えていました(笑)
つまり、月曜日の憂鬱を解決する唯一の方法は仕事を変えること。

やりたくない仕事から解放されるだけで、この憂鬱やストレスは全くなくなりますから。
逆にどんなに趣味や遊びを充実させたところでこの憂鬱やストレスはなくなりません

仕事について真剣に考えてみる

仕事や人生について真剣に考えてみる。

月曜日になると気持ちが憂鬱になる・・・。

もっというのなら、日曜の夕方頃から憂鬱になっている人も多いはず。

こんなストレスをずっと抱えていくのか?

現在不満を抱えているのなら、仕事や将来について真剣に考えるべきです。

生活していく以上、人生において仕事は切っても切り離せないものですから。
というか、起きている時間で一番時間を使っているのが仕事。

つまり、仕事が楽しければ人生の多くの時間が楽しいということ。
逆に仕事が楽しくなければ、人生の多くの時間が楽しくないということ。

仕事とは人生においてそれほど重要なものです。
なのに、ここを真剣に考えていない人があまりに多い。

お金がいいから・安定しているからとか、楽しさをないがしろにして仕事を選んでいませんか
月曜日が憂鬱と感じるほど楽しくない仕事を一生続ける・・・僕なら耐えられません。

したいこと・楽しいことがない場合

何がしたいか分からない場合。

仕事は楽しいと思えることを選んだ方がいい!

そういうと自分はしたいことも楽しいこともないという人もいます。

こんな人はまだ分かっていないだけ。

何しろ世の中にはたくさんの仕事がありますから。

そして、ほとんどの人はその中の数個しか経験していない。
アルバイトを含めても、せいぜい10個程度しか経験したことがありません。

それで自分は楽しいことやしたいことがないというのは早計だと思いません?
なにしろ経験したことがない仕事の方が過半数なのですから。

たとえ存在を知っていたとしても、実際にやってみるとまた全然違うことも多いですからね。
こればかりは実際に経験してみないと分かりません。

僕なんて、20代半ば頃まではパソコンを触るのも嫌だったのに、今ではそのパソコンを使って仕事しているわけですから(笑)
食わず嫌いなんてことはよくある話しです。

なので、まずは興味があることを試してみる。
現時点で興味があるものがなければ、やっても嫌じゃないなと思うことを試してみる。

動いてみれば何かしら状況が変わります。
逆に動かなければ、ずっと月曜日が憂鬱な人生のままです。