女性の社会進出には賛成だけど、強い女性は苦手なスヤマタクジです。
今回はそんな女性の社会進出に関するお話し。

女性も男性のように働ける、男性も専業主夫が当たり前の社会へ

まだまだ色々と問題が山積みとはいえ、将来的には女性の社会進出はどんどん進んでいくでしょう。
少子高齢化の日本では、そうしないと労働力が足りませんからね。

本当の意味でイーブンに、人生をより自由に選べる社会になって欲しいですね。
女性が今の男性のように働ける、逆に男性が専業主夫をしても当たり前の時代に。

女性の権利を認めろ!と言うのなら、男性の専業主夫もしっかりと認めてもらわないと。
僕がまだダラダラしていた頃、専業主夫になって一生ゴロゴロしたいと言ったときの女性陣の激しいバッシングは忘れません。

主婦だって大変だっていう意見も分かりますが、あきらかに手抜き満載の主婦だっていましたからね!
僕はそんな専業主夫になりたかったのです(笑)

もちろん、今はそんなことは考えていませんが。

強い女性が増え、中には男性化する人もいるようで

女性の社会進出が増えれば、強い女性もどんどん増えていくでしょう。
ビジネスの世界は競争が激しい業界が多いですからね。

そんな現場にいれば、それは女性もどんどん強くなるのが当たり前。
中にはホルモンバランスを崩して、精神的にだけでなく肉体的にも男性化する女性もいるようですね。

さすがにこれは健康に悪い。
女性の社会進出だけでなく、男女共に働き過ぎで体を壊さない労働環境になって欲しいものです。

強い女性が苦手な男性は多い

男性化はもちろん、僕は強い女性が苦手です。
というか、これは男性でもそうですが。

僕に限らず、強い女性も男性も苦手だという人は多いでしょう。
なので、女性の社会進出には賛成だけど、強い女性とはなるべく関わりたくないですね(笑)

結果、非婚化・少子化はますます加速する

とはいえ、女性の社会進出によって強い女性は確実に増える。
結果、非婚化・少子化はますます加速するでしょう。

なぜなら、強い女性が苦手が男性が多いから!
わざわざ家庭の中でもガミガミ言われたいと思う男性は少ないでしょうから。

男は家の中ではくつろぎたいのです(笑)
少子化で足りなくなった労働力を補おうと女性の社会進出を加速した結果、さらに少子化も加速する。

なんとも皮肉なものですね。
もちろん、強い女性が悪いわけでも、強い女性が苦手な男性が悪いわけでもありません。

お互い幸せはそれでOKな社会へ

非婚化が進み、独身者がどんどん増えたとしてもお互いが幸せならそれでOK!
そんな社会が未来的でしょう!

僕は結婚したいですが、必ずしも結婚しなきゃいけないという時代は終わったのです。
未来の恋人や結婚事情は劇的に変わるでしょうから。

また、さらに少子化が加速して労働力が足りなくなっても安心。
ロボットや人工知能がその労働力を補ってくれますから。

もうそんなことは気にする必要はない!
普通に結婚したい人はすればいいし、一人で楽しみたい人は独身で楽しく生きればいいのです。

そのためにも、女性の社会進出は基本路線ですね。
強い女性になっても自分が幸せならそれヨシ!(男性化は健康的におすすめしませんが)