ついに電子書籍の時代到来かっ!?とテンションが上がるスヤマタクジです。
今回はそのキッカケとなるKindle Unlimitedのお話し。

Kindle Unlimitedの特徴一覧

  • Amazonの電子書籍読み放題サービス
  • 月額980円でKindleの一部の本が読み放題となる
  • 30日間の無料体験期間あり
  • 和書12万冊以上、洋書120万冊以上が対象(2016年8月時点)
  • 実用書・ビジネス書・自己啓発本・小説などの文字の本が充実
  • 漫画やライトノベルなども対象に入っている

Kindle Unlimitedの特徴をまとめると以上の通り。
月額980円でこの量は圧倒的に安いですね。

実用書の紙の本なら1冊、漫画でも2冊買うぐらいの価格でこれだけの本が読み放題なわけですから。
今後もKindle Unlimitedの対象本はどんどん増えていく予定です。

Kindle Unlimitedが紙の本の時代を終わらせる

Kindle Unlimitedです。

ついに始まりました電子書籍の定額制サービス。
紙の本よりコストが安い電子書籍だからこそ出来るサービスですね。

逆に紙の本は生産コスト・運搬コスト・在庫コストなどがあり、さらに紙の原料となる森林伐採・運搬時の排気ガスやガソリンなどの環境問題のネックもあります。

これらを考えると、今後どんどん紙の本市場は縮小し、電子書籍市場がメインとなってくるでしょう。
安くて環境にも優しいのですから。

まだまだKindle Unlimitedや電子書籍市場自体に乗り気じゃない出版業者が多いみたいですが、こんな流れになっているのに紙の本を売ることを考えている場合ではないでしょう。

また、読み手側も実物がないと安心できない・紙のにおいや手触りが好きとか言っている場合ではないですね。
自分のその感情のために森林伐採などを容認するのか?と聞きたいです。

ただし、漫画・ライトノベルのラインナップはイマイチ

Kindle Unlimitedは月額も安く、さらに対象商品も多い。
完璧な電子書籍読み放題サービスに見えますが、実は穴もあります。

それはマンガやライトノベルの対象作品が少ないのですよね。
そして、日本で売れる本の過半数は漫画・ライトノベルですから。

一応、コミックの対象作品も多いのですが、その多くが古い作品や知名度が低いものばかり。
漫画・ライトノベル好きの僕としては、今のところイマイチなラインナップです。

特に人気雑誌であるジャンプ・マガジン・サンデーが参加していないのが大きいですね・・・。
ここを今後どんな風に修正してくるのか?

もしくはマンガ・ライトノベルなどのコミックは日本のストアが独占するのか?(大手出版社の電子書籍ストアもあるので)
それによって、今度の流れが大きく変わりそうですね。

実用書・ビジネス書・自己啓発書を読むのにおすすめ

現時点でのKindle Unlimitedの効率的な使い方としては、実用書・ビジネス書・自己啓発書をメインに利用するのがいいですね。
これらに関しては非常に作品が充実していますし、ベストセラーになったような人気作も対象となっています。

小説に関しては漫画などのコミックと比べると充実していますが、実用書などと比べると少なめ。
また、上でも書いた通り、マンガ・ライトノベルに関してはイマイチ。

これらは好きな作品があればラッキーぐらいの使い方ですね。
僕は漫画・ライトノベルは今後もBookliveをメインで利用し、実用書・ビジネス書・自己啓発書などはKindleをメインで利用していこうと思っています。