紙の雑誌から電子版にして色々と助かっているスヤマタクジです。
今回はそんな電子版の魅力に関するお話し。

電子書籍なら紙の雑誌よりエコ

雑誌こそ、紙より電子版にするべきだと思うのですよ。
その最大の理由は捨てなくていいから。

雑誌って、だいたい集めたりせずに読み終わったら捨てますよね?
僕はあれに抵抗があったのですよね。

買ったその日にすぐに捨ててしまうのは、なんかもったいないなと。
その点、電子書籍なら捨てる必要はありませんからね(せいぜいデータを消去するだけ)

雑誌に限った話しではありませんが、電子書籍なら紙のように原料となる森林伐採を行う必要もありませんし、本を作る・運ぶといったエネルギーも必要なくなる。

かなり大幅に削減できるため、紙よりかなりエコなんですよね。
エネルギーがなくなると騒ぐぐらいなら、すぐにでも全て紙を辞めて電子書籍にすればいいのと思うのですが。

特に頻繁に発行する雑誌を電子版にすれば、物凄いエネルギーを削減できますし。

電子書籍なら紙の雑誌よりお得に買える

本の電子版はエコ的にもおすすめですが、懐的にもおすすめです。
というのも、電子書籍の方が定価が少し安いから。

雑誌は全く同じ価格のものも多いですが、電子書籍ストアは頻繁にセール・クーポン・ポイントで値引きしてくれます。
僕が利用している『BookLive!』はクーポンが豊富で、20%・30%OFFで週刊誌を買えることもあります。

また、ジャンプやマガジンは電子版を定期購読をすることで2割~3割程度安く購入することもできます(サンデーとチャンピオンは定期購読はまだなし)

電子書籍なら地方でも発売日に読める

僕が東京から福岡に引っ越して来て、まず思ったのが本や雑誌の発売が遅いなと(地元は福岡ですが上京前はあまり本を買わなかったので)

漫画や小説など、福岡だとだいたい2日遅れぐらいで本屋に並びますからね。
特に嫌だったのは週刊誌の発売日が遅かったこと。

週刊少年ジャンプは東京と同じなのですが、チャンピオンは1日遅れ、マガジンやサンデーも基本は東京と同じなのですが、祝日などが挟まると1日遅れるのですよね。

毎週読んでいる週刊誌が1日とは遅れるのはなかなかのストレス。
引っ越したばかりは紙の雑誌を購入していましたが、これを機に雑誌や本など全て電子書籍に変更しました。

やはり、発売日にすぐに読めるのはいいですね。
買いに行かなくてもいいので、雨の日など家から出たくない日も読めます。