iPadがナンボものもんじゃい!と最初は思っていたスヤマタクジです。
今回はそんなiPadとその他のタブレットのお話し。

iPad(アイパッド)=タブレットではない

iPadだけがタブレットではない。

タブレットを持ったことがない初心者に多いのが、iPad=タブレット、またはiPadとタブレットを別物と思っている人。
うちの親もiPadとタブレットを別物と思っていました(笑)

タブレットとは端末機器全般の名称(パソコンや携帯電話と同じ)で、iPadはそのタブレットの中の1種類です(スマホにおけるiPhoneみたいなもの)
タブレットの中にはiPad以外にもAndroidタブレットとWindowsタブレットがあります。

それぞれの違いはOS(コンピューターを動かすシステム)の違いですね。
iPadのOSはiOS、AndroidタブレットのOSはAndroid、WindowsタブレットのOSはWindowsとなります。

それぞれのOSの特徴の違いは、iOSが設定や操作が比較的シンプル、Androidはそれよりもちょっと使い方が難しいけどカスタムの自由度が高い、Windowsがビジネス向けといった感じです。

iPadが一番優秀なタブレットではない

どれが優秀かはケース・バイ・ケース。

iPadが一番優秀なタブレット。

これも初心者に多い勘違いですね。

日本ではiPadやiPhoneの人気が圧倒的に高いため、そう勘違いする人も多いです。

しかし、一概にそうとは言い切れません。

なぜなら、目的によって一番最適なタブレットは変わってくるからです。
例えば、最初に挙げたOSの違いがありますね。

iPadであればOSはiOSだけのため、AndroidやWindowsのOSのタブレットが欲しい人には選択肢外となりますね。
ビジネス用にPCと連動して使いたいのであれば、やはりWindowsタブレットが一番優秀ですね。

このようにiPadが人気だからといった理由でタブレットを選ばず、目的に合わせて選択するようにしましょう。

AndroidタブレットにもiPadを超えるものはある

AndroidのZenPad10です。

また、単純にiPadの性能を超えるタブレットも存在します。
iPadは価格が高いだけあって、性能や本体の軽さもトップクラスですがNo.1というわけではありません。

性能や本体の軽さであれば、ソニーのXperiaの方が優秀ですね。
同じシーズンに発売されたものであれば、だいたいiPadの性能や軽さを上回っているため、ソニーはiPadを常に意識しているのでしょう。

ただし、その分、Xperiaの方が価格が高い傾向にありますが。
他にも、価格面ではAndroidの格安タブレットの方が安いですね。

なかでも有名なのがASUSのZenPadシリーズ。
Androidタブレットの中で世界No.1のシェアを誇るシリーズです。

価格はiPadの半額程度でありながら性能や本体の軽さもなかなかに優秀。
価格は半額ですが性能面では半分しかないといったレベルではありません。

また、これぐらいの性能があれば、普通にタブレットを使うぐらいなら十分ですから。
ハッキリ言って、iPadは初心者やライトユーザーにとってはオーバースペックだと思います。

価格や性能を考慮すれば、初心者やライトユーザーにはZenPadシリーズのような格安Androidタブレットが一番おすすめですね。