同じサービスならなるべく安くがモットーのスヤマタクジです。
今回はそんなサービスの差がないネット回線とプロバイダのお話し。

ネット回線会社とプロバイダの違い

損をしないための比較ポイントを解説する前にまずはネット回線会社とプロバイダの違いから。
分かっている人はここは読み飛ばして問題ありません。

スマホと違い、光回線やADSLなどはインターネット回線事業者とインターネットサービスプロバイダ(ISP)の2つの会社を利用するのが基本です。
ここがややこしいですよね。

簡単に言うと、インターネット回線事業者は文字通り回線を提供している会社。
そして、プロバイダはそのサポートやサービス提供している会社と認識して問題ありません。

メールやセキュリティソフトなどのサービス、トラブルが起こったときのサポートを行ってくれるのは基本プロバイダです。

ただし、これらのややこしさを解消するために、回線とプロバイダを2つセットで提供している会社も最近は増えてきました。

主なインターネット回線の種類

ここでは主なインターネット回線をまとめています。
なお、携帯回線(スマホ)はここでは除外しています。

スマホのおすすめ会社・回線・端末を知りたい方は以下のページを参照してください。

光回線

光ネット回線。

自宅で利用するなら光回線がもっともオーソドックスなインターネット回線。

早くて安定している、使用制限がない(速度制限がかからない)のが最大の魅力です(フレッツ光ライトのように一部制限があるものも)

    ※主な光回線の種類

  • フレッツ系(光コラボレーションを含む)
  • KDDI系(au)
  • 電力会社系
  • その他

インターネット回線事業者はたくさんありますが、大きく分けると以上の4種類。

というより、光回線の過半数がNTT東・西が提供するフレッツ光の回線だったりします。

サービス名が違っても使っている回線はフレッツ光のものというパターンですね。
フレッツ光の回線を借りて独自のサービスを提供する光コラボレーションはその典型。

フレッツ光は対応地域が一番広く、安定度・速度・料金も優秀なので、特にこだわりがなければ回線はフレッツ系から選ぶのがベターです。

ADSL

ADSLは光回線が登場する前に主流だったインターネット回線。
光よりも速度が落ちますが、プロバイダを含めても料金が安いのが魅力です。

普通にネット検索ならADSLで十分という人もいて、光にせずにADSLを使っている人もそこそこいます。
とはいえ、光回線の料金も下がってきているのでその魅力は薄れてきていますね。

    ※主なADSLの種類

  • 携帯会社系
  • フレッツ系
  • ケーブルテレビ系
  • その他

主なADSLの種類は以上の通り。
ADSLにおいてはケーブルテレビが強い印象がありますね。

ただし、選ぶプランによっては光回線よりも料金が高くなるので注意が必要です。
料金的にADSLは携帯会社系がおすすめですが、それでも光回線と比べて特別安いわけではありませんね。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiです。

最近人気が高まっているのがポケットWi-Fi(モバイルルーター)。
ポケットWi-Fiの最大の魅力は光回線に近い高速インターネットを持ち歩けるという点。

ポケットWi-Fiは端末がコンパクトサイズで外にも持ち運びやすい。
そのため、PCを持ってなくても携帯のWi-Fi代わりに持ち歩いている人もいるぐらい。

また、光回線と違い使用するのに家の工事やプロバイダ(一部必要なところも)が必要ない点もお手軽。
工事する時間が取れない、または引っ越しが多い人などにも人気ですね。

ネックは光回線と比べると速度・安定性が弱い、意外と料金も少し高いという点です。

    ※主なポケットWi-Fiの種類

  • WiMAX(ワイマックス)
  • Yahoo! Wi-Fi
  • 携帯会社系
  • その他

ポケットWi-Fiの主な種類をまとめると以上の通り。
会社によってはポケットWi-Fiではなく、モバイルルーターやモバイルWi-Fiルーターとなっています。

こちらはWiMAXが一番人気で、それに続くのがYahoo! Wi-Fiと携帯会社ではY!mobile(ワイモバイル)
ちなみに、Yahoo! Wi-FiとY!mobileは別会社になるので当然サービスの内容も違います。

とはいえ、系列会社のためか、かなり内容は近いですが。

損をしない!ネット回線会社の比較ポイント&選び方

  • 基本はフレッツ系から選ぶ
  • 同じ回線なら料金は安い方がいい
  • プロバイダとセットの会社の方が分かりやすい
  • フレッツ光以外を選ぶ場合は使えるどうかを確認

損をしない!ネット回線会社の比較ポイント&選び方で一番重要なのはフレッツ系から選ぶこと。

フレッツ光は対応地域が一番広く、速度・安定性・料金も優秀だからです。
特別なこだわりがなければ、フレッツ系から選ぶのがベター。

ただ、同じフレッツ系でも料金が違うのでここは一番安いところを選びましょう!
同じ回線なら安い方がお得ですから。

フレッツ光以外を選ぶ場合は、まずはその回線が使えるかどうか確認しましょう。
なかにはフレッツ系よりも魅力的な会社もありますが、地域制限や住宅制限があり、利用できないことが多いですから。

損をしない!プロバイダ会社の比較ポイント&選び方

  • サポートやサービスより料金の安さで選ぶ
  • サポートはそんなに頻繁に利用しないから
  • サービスは自分で用意した方が安くなる
  • ネット回線とセットの会社の方が分かりやすい

損をしない!プロバイダ会社の比較ポイント&選び方で一番重要なのは料金の安さ。

たしかに月額料金が高いプロバイダの方がサービスやサポートが優秀です。
ただ、僕は今まで複数のプロバイダを利用してきましたが、サポートやサービスってそんなに必要ないのですよね。

安いところはたしかに電話が繋がりにくいなどのネックがありますが、サポートに電話をかけることなんて滅多にありませんから。
そして、メールなどでも問い合わせは行えます。

また、メールサービスはフリーメールで、セキュリティサービスは自分でセキュリティソフトを揃えた方が安い
この辺りは以下の記事でも詳しく書いているので良ければ参照してください。