節約は住居費などの大きいものを削ってナンボのスヤマタクジです。
今回はそんな住居に関するお話し。

基本、節約術にはあまり興味がない

節約術に興味なし。

基本、僕はあまり節約術には興味がありません。

というのも、そのほとんど数十円とか数百円といった非常に微々たる節約だからです。

もちろん、塵も積もれば~ということわざもある通り、それを長く続けば差が出てくるのは分かるのですが、それなら稼ぐ方に時間を使う方を有意義と感じるので。

なんだかんだ言っても、節約には限界がありますからね~。
逆に稼ぐ方に関しては天井知らずです。

やり方やアイデア次第でそのふり幅は物凄いですから♪
とはいえ、いくら稼いでもそれ以上に使っては意味ないので、贅沢しない意味での節約術は非常に大事だと思いますが(笑)

しかし、住居費に関しては別

住居費の節約は別。

基本的に節約術に興味がない僕ですが、住居費の節約術に関しては別!

というのも、住居費であれば月額数万円単位で節約を行うことも出来るからです。

まあー、住居のふり幅も大きいですからね~。

住む場所や建物によってその価格や家賃はピン・キリですから。

細々とした節約術をたくさん行うよりも、この住居費をガン!と削った方がよっぽど大きなコストが削れます。
なにしろ、家計における一番のコストが住居費!という人も珍しくない時代ですから。

であれば、まずはここを削ることから考えるのが最大の節約術です。

住居費はガンガン削れる

住居費節約は大きく行える。

住居費は削ろうを思えば、ガンガン削ることが出来ます。

一番分かりやすいのは、築年数と広さに目をつぶる方法ですね。

家を買うにしろ賃貸にするしろ、築年数が古くて狭い方が安いですから♪

また、場所も金額に大きく関わってきますよね。
都市部よりも田舎の方が金額は断然安いですから。

僕も東京時代は家賃を下げるために、古い・狭い・遠いの3拍子揃ったアパートを借りていました。
ただ、このやり方は人によっては非常にストレスがかかるのがネックですが。

狭いのは嫌!古いのが嫌!とかですね。
ちなみに僕は家で仕事をしているのもあって、音や暑さ寒さがけっこうダメです(笑)

防音がしっかりとしていない、断熱材がしっかりと入ってないとかですね。
なので、こういった最低条件を抑えつつ節約するのが基本です。

交渉やタイミングによっても価格は下がる

交渉によっても家賃は下がる。

ちなみに住居費は交渉やタイミングによっても価格は下がります。

僕は今まで賃貸住宅にばかりですが、10回以上は引っ越してきました。

それでよく家賃チェックを行っていたのですが、同じ物件でも引っ越しシーズン中とシーズンオフでは家賃が違う。

家賃を下げたいのなら断然シーズンオフ。
また、物件によっては交渉次第で1,000円~3,000円ぐらいは家賃が下がることもあります♪

その不動産屋が管理している物件ならかなり高確率で家賃交渉が行えます。
ダメ元で決める前に一度は聞いておきましょう。

ちなみに買う方の物件に関してですが、新築物件は割り増しで価格設定が行われています
新築はアピールするための広告費・宣伝費がかかるというのもありますが、日本人は新築好きな人が多いので、多少高くても売れるのが理由なようで。

なので、買うなら中古の方がお得と住宅販売を行っている営業さんが言っていました。

田舎の住居費はすこぶる安い

田舎の家は安い。

最大の住居費の節約術といえば田舎に住む!

田舎の住居費は本当に安いですからね~。

東京で小さな一戸建てを買う費用があれば、田舎では豪邸が買えます(笑)

家計のコストを減らすために思い切って田舎に引っ越すは十分にアリな選択肢。

サラリーマンであれば、田舎に引っ越せばたしかに給料は下がりますが、それでも減る住居費を考えればプラス♪
また、僕のような個人事業主であれば、田舎に引っ越した方が稼げるなんてこともありますしね。

住居費は減りたいけど田舎に引っ越すのは嫌!そんな人であれば地方都市をおすすめします。
僕は東京から福岡市に引っ越しましたが、同じグレードの部屋なら半額ぐらいで借りれました

そこそこ栄えている福岡市レベルでもこれぐらい安くなります。
地方都市であれば、街はそこそこ発展していて便利、なのに人が少ないと良いことづくめです。