Googleアドセンスを貼るより、手動で広告配置することにこだわるスヤマタクジです。
今回は手動で広告配置する理由に関するお話し。

Googleアドセンス=AI(人工知能)

Googleアドセンスをブログやサイトに貼ると、そのコンテンツに合った広告を自動で配信してくれる。
そして、広告がクリックされただけで報酬がもらえると非常に便利で簡単。

ちなみに、AI(人工知能)が話題になっていますが、Googleの検索エンジンやアドセンスは一番身近なAIですね。

インターネットは人工知能技術の宝庫である。
検索エンジンの中には、「機械学習」と呼ばれる人工知能の技術がふんだんに使われている。

人工知能は人間を超えるかです。

正確にはこの程度ではまだ人工知能と呼ぶレベルではないようですが、ここではGoogleアドセンスもAIの一種とします。

手動より圧倒的に優秀なGoogleアドセンス(AI)

Googleアドセンスが優秀なところは、このAIを使ってコンテンツだけでなく訪問者に合わせて広告を表示してくれること。

ここがGoogleアドセンスのすごいところですね。
コンテンツのテーマがよく分からなくても、またはコンテンツに合う広告がなくてもユーザーの趣味嗜好に広告を自動配信してくれる。

もちろん、人間でもユーザーの趣味趣向は予想できる。
AIは数多くのトライ&エラーを繰り返すことで、人間より圧倒的に高いパフォーマンスを出すのです。

システムは、初期こそ知見もない中で不適切なユーザーに広告をどんどん配信していたものの、何百万人とトライアンドエラーを繰り返してゼロからパターンを学習し、ついには人間より圧倒的に高いパフォーマンスを挙げるようになりました。
配信される規模が大きくなるほど精度が下がる人間に比べ、システムは、扱うデータが膨大であればあるほどパーソナライズの精度が上がっていきます。

上の話は人工知能全体に関することですが、もちろんこれはGoogleアドセンスにも当てはまります。
人間が自分で考えて広告を配置するより、すでに数え切れないぐらいのサイトやブログからデータを集めているGoogleアドセンスの方が圧倒的にクリックされやすい。

長期目線で人がGoogleアドセンスを上回る

ただ、長期目線で見るとまた状況が変わってきます。

システムは、過去の行動履歴から、最も成約の確率が高いと想定されるターゲット層のみに絞り、広告を配信していきます。
実は、これを繰り返すと、配信するターゲットの数はどんどん減っていってしまいます。
システムは行動の結果を分析することは得意でも、行動には表れていない潜在的な顧客層の需要を喚起したりするといったことは苦手です。
(中略)
一見効果がなさそうなターゲットでも、配信してみれば成約にたどりつくかもしれませんし、そういった試みこそが、新規顧客獲得につながります。
(中略)
短期的な合理化が、ターゲットと広告の新しい出会いの可能性をなくし、長期の機会損失につながっていたのです。

未来に先回りする思考法。

人工知能は自分でも気づいていない欲求を刺激することが苦手。
もちろん、こっちもGoogleアドセンスでも言えること。

例えば、コンテンツがメンズファッション系、訪問者もいつもそういったブログやサイトしか見ていない場合はGoogleアドセンスで配信される広告もそれ系。

が、メンズファッションに興味があるのならメンズコスメにも興味があるかもしれませんし、見た目にこだわるモテや異性にも興味があるかもしれません。

さらに、もしかしたらその人は潜在的に健康を気にしているかも。
手動であれば、実験的なこともバンバン行えます。

考える力と収入を伸ばすためにも手動広告がおすすめ

僕のブログを見てもらえれば分かると思いますが、Googleアドセンスは貼っておらず手動で広告を配置しています。
さらに、定期的に広告を入れ替えて実験するようにしています。

なぜこんなことをするのか?
それは実験することでブログの広告経験値を積むため。

Googleアドセンスに頼っていると、いつまでも経験値は上がりませんし、どんな広告を配置するか考えることもありません。
考える力はたくさん考えることでこそ伸びます。

そして、考える力を伸ばせば、あなたならではの発想が出てくるようになります。
そういった人がこれからのAI全盛の時代も活躍できるのです。

また、『Googleアドセンスの収入を手っ取り早く伸ばす方法』の記事でも書きましたが、アドセンスの弱点は報酬が安いところ。

報酬が高いものを中心に自分でピックアップして当たれば、同じアクセスでも収入は全く変わってきます。
理想は1ページずつ自分で広告を配置することですが、それは大変なので一括でも手動で貼る。

ただ、アクセスが少ない(10万PV以下)とあまり手応えが感じられないかもしれません。
なので、最初はGoogleアドセンスを利用し、PVが伸びてから貼り替えるという方法もアリです。

ではではまた。