完全にダイエットが袋小路に入ってしまったタクです。
今回はそんな時に見つけた健康本のお話し。

ダイエットに行き詰った時に出会った本

ダイエットコラムでも書いていますが、30代中盤を過ぎた辺りから同じ生活をしているのに少しずつ太ってきているのですよ。
そして、福岡市に引っ越したのをキッカケに一気に5kg増量!

しかも、お腹周りだけ(汗)
で、ダイエットを始めたのですが、食べる量(カロリー制限)を行っても1.4kg減らすのが精一杯・・・。

そのまま4ヶ月カロリー制限を行ったのですが、体重はそれからほとんど変わりません。
そんな時に出会ったのがこの本でした。

人類最強の「糖質制限」論です。

『人類最強の「糖質制限」論』
カロリー制限ではなく、糖質制限の方がダイエットをするには効果があるといった内容が書かれていました。

糖質がいかに肥満を招くか、さらに肥満によってリスクが高まる健康被害や糖質を減らすことで期待できる効果や具体的なやり方も書かれていました。

体重の減りよりも体の調子の良さの効果を感じる

で、さっそく本に書かれていることを実践しているのですが、ダイエットよりも健康の効果を感じているのですよね!
これはうれしい誤算ですね。

30代に入って食事・睡眠・運動などの生活スタイルを見直す・整骨院に定期的に通うことで10代・20代よりも体調が良くなりました。
しかし、それでもまだまだ不調を感じる部分があったのですが、それらの全てが緩和されたのです。

具体的に感じている健康効果

  • 首痛・肩こり・腰痛などがかなり緩和された
  • 寝付きが良くなった
  • 寝起きの体の痛みなどがかなり減った
  • 毎食お腹が減るようになった

サラリーマン時代から10年以上ずっとデスクワークを行っていることもあり、かなりひどい首痛・肩こり・腰痛を持っていました。

一時期は、ちょっと無理をすると首から目痛でPC(パソコン)が見れない、腰痛が酷くて歩くのも痛いという状態になっていました。

生活スタイルの見直しと整骨院通いで緩和されたのですが、それでもやはり無理をすると特に首痛が激しかったのですよね。
これが糖質制限を始めてからかなり緩和されました。

同じように無理してもちょっと首や腰が痛いなという程度に収まるようになりました。
さらに、毎回朝起きる時に感じていた首や腰の痛みも緩和されましたね。

これにより、今は朝はサッと起きられるようになりました。
その逆に僕はかなり寝付きが悪かったのですが(寝付くのに1~2時間かかる、ひどい時は5時間ぐらいかかる)、これも今は気付けば寝ています。

そして、お腹が減るようになったのも大きいですね。
30代中盤以降からはあまり感じることがなくなっていたのですが、これによりご飯がさらに美味しく食べれるようになりました。

糖質を摂り過ぎると血糖値が上がる⇒血糖値が上がると血がドロドロになる⇒血がドロドロになると回復力が下がる⇒回復力が下がると体の不調が治りづらく消化も遅くなる。

この負のスパイラルから抜け出せたことで、現在の健康効果が起こっているのかなと感じています。