不安定だからとフリーランス(自営業)なるのをあきらめるのはもったいないと思うスヤマタクジです。
今回はそんなフリーランスの不安定や怖さに関するお話し。

不安定ということはチャンスも大きくということ

よくフリーランス(自営業)は安定しないから不安だ!という人いますが、不安定ということはチャンスも大きいってことですよ?

デメリットにばかり目を向けて、なぜメリットには目を向けないのか?
逆に会社員のように安定していると、いきなり大きく稼げるようになるチャンスはないのです。

昇給のチャンスはだいたい1年に1回しかありませんし、さらに昇給したとしてもいきなり給料が倍になることはない。
でも、フリーランスならそれがあるのです。

翌月に収入2倍、翌年に収入10倍といったことはよくある話(僕も経験しました)
会社員で給料が少ないとブーブー言っているのなら、よっぽどフリーランスに挑戦した方がチャンスがあります。

逆境の時の成長力はハンパない

また、不安定などで追い詰められると人の成長力はハンパなく上がります。
人間追い詰められると、今まで考えれなかった力を発揮することがあります。

誰でも不安定は嫌ですからね。
そんな状況になると、そこから逃げ出そうととんでもないパワーを発揮するのです。

これは会社員をやっているとなかなか経験できないこと。
そのせいか、ブログなどのネットビジネスを会社員と兼業でやっている人って、イマイチ突き付けられない人が多いのですよね。

突き抜けている人はほぼ専業でやっている人ですね。
もちろん、専業でやっている人が全員突き抜けているわけではありませんが、個性・収入面で比較すると圧倒しているのも事実。

フリーランスが不安定というけれど会社員も同じ

最後にフリーランス(自営業)が不安定というけれど、会社員はそんなに安定しているのか?と言いたい。

そもそも会社員だってリストラや会社の倒産といったリスクがありますよね?
さらに、契約社員や派遣社員だったら簡単にクビになることもありますし。

こうやって比較すると、正社員が少しマシなぐらいで、契約や派遣はフリーランスとほぼ変わらないでしょう。
そんでもって、稼げるチャンスはフリーランスの方が圧倒的に上。

なのに、なぜフリーランスを否定して会社員にしがみつくかが分かりません。