好きなことを仕事にする方法について。

好きなことを仕事にするのは簡単じゃないけど、思ったほど難しくもないことに気付いたスヤマタクジです。
今回はそんな好きなことを仕事にする方法に関するお話し。

好きなことを仕事にする流れ

  • 好きなことをやり込む
  • その活動をなるべく多くの人に届くように発信する
  • 1つ工夫を加える

これだけ。
ね、これなら誰でも出来るでしょ?

まずは好きなことをやり込む

なんでもいいので好きなことをやり込む。
ゲームが好きな人ならゲームを毎日何時間もやり込むといった具合に。

好きなことならこれぐらい簡単ですよね。
別に1つだけでなくても構いません。

好きなことが複数あれば複数やればやり込めばいいし、飽き性なら好きなことをコロコロ変えても問題ありません。

僕もアニメや読書(マンガとビジネス実用書両方)などの複数なことが好きですが、今でもこれらに毎日3時間以上、長いときは12時間ぐらい没頭していることがあります。

また、昔はゲームや実写ドラマや映画も好きでこれらにも時間をかけていましたが、今は飽きたのでこれらには一切時間をかけません。
大事なことは何時間やり込んでも苦にならないことをやることですね。

個人でも世界中に簡単に発信できる時代になった

好きなことはただやり込むだけでは仕事にはできません。
仕事にするには世の中に自分の活動をアピールしましょう。

今の世の中はそれがキッカケで仕事に繋がる時代ですが。
そして、今は個人でもインターネットを使えば、コストをかけずに全世界に発信できる時代ですから。

YouTubeや無料ブログなど、タダで広く発信できる方法がありますからね。
好きなことを簡単に仕事できない時代ではなくなったのです。

昔と違ってチャンスを掴むためのツールが充実しているのですから。

1つの工夫で他と差別化できる

ただし、好きなことを仕事にするのは難しくはなくなりましたが、何も考えずに簡単にできるというわけでもありません。

例えば、あなたの好きなことがもの凄くニッチでライバルが少ないことならこれでもOK。
メジャーなジャンルの場合、ライバルが多い(YouTubeやブログで発信している人も多い)ので普通に活動するだけでは埋もれてしまいます。

普通のやり方なら先にやったもん勝ちですから。
後追いの場合、同じことをしてもまず追い付けません。

なので、そういったライバルと差を付けるために1つ工夫を加える必要があるのです。
そんなことぐらいで効果があるのか?と思うかもしれませんが、これが思った以上に効果があります。

とういうのも、1つ工夫を加えるだけで普通のやり方とはけっこう違ってきますし、何よりこれをやっている人が思った以上に少ないからです。

僕が実践したパターン

ここでは僕が実際にやったパターンを紹介。

僕は上でも触れた通り、アニメや漫画が好きで最初はこのブログでもそれらに関した記事を書いていましたが、今は新たにはてなブログで専門ブログを立ち上げてそちらでそれ系の記事を書いています。

知っての通り、アニメや漫画はオタクも多いメジャーなジャンル。
映画『君の名は。』のヒットもあり、今では実写映画やドラマに迫る勢いですからね。

そんな中で普通にアニメや漫画の感想レビューを書いても埋もれるだけ。
そんなブログはたくさんありますから。

なので、このブログでもやっている社会というテーマを1つ加えました。
その結果、2017年1月19日時点でまだ開設1ヶ月ほどですが、2つの記事が当たってそのうちの1記事がスマートニュースに取り上げられる・それを見て記事の寄稿のお話し1つありました。

目立つ部分があるならブログで発信するだけでもこういったことが起こります。
ちなみにこっちのワードプレスブログは約1年続けていますが今のところ一切そういった話はなし!

なので、発信するツール(ワードプレスよりも無料ブログの方が強力)やジャンルによっても時間や難易度は変わってきます。
長く続けることも大事ですが、この辺は手応えがなければどんどんやり方を変えて発信していきましょう。

手数が多ければそれだけ成功する確率は上がりますから。
以上、誰でも出来る好きなことを仕事にする方法でした。

ではでは、また。