変化球的に好きな仕事をしているタクです。
今回はそんな好きな仕事をするのは王道的な方法だけじゃないというお話し。

好きなことを仕事にする方法。

みんな憧れるような100%好きなことを仕事にする・・・そんな方法はありません。

競争率が激しくない仕事だったら可能ですが、サッカー選手のような競争率が激しい人気の仕事だったら才能と運で決まります
もちろん、努力も大事ですが、才能がある人でも努力する人はいますからね。

そして、同じ努力をしたのなら才能がある人の方が上達は早いですから。
だったらよく言われる『人の三倍努力する』なんて方法もありますが、さっきも言ったように才能がある人も努力しています。

そして、1日は24時間。
単純に考えて、天才が1日8時間努力したら凡才は24時間努力する必要があり、物理的に無理です。

もちろん、練習の量ではなく質を追求するという手もありますが、それは向こうでやっています。
それほど才能は圧倒的なもの。

次に運も大事ですね。
どんなに才能があっても、それを開花させる環境がなければ宝の持ち腐れ

また、その環境があってもケガや病気で挫折することもありますから。
好きなことを仕事にするには運も大事なのです。

%を下げて好きなことを仕事にする変化球的な方法

とまあ、100%好きなことを仕事にするのはこれだけ大変。
ただ、この%を下げれば好きなことを仕事にする確率はグッと高まります。

例えば、サッカー選手ならプロは非常に難しいですが、アマならその難易度は下がります。
また、コーチやスタッフを目指す、サッカー教室で働くなどといった方法もありますね。

もちろん、アマや教える側になると、プロとは違った形になりますが、それでも好きなサッカーに携わった仕事ができます

他にも、職種ではなく、あなたの性格に合わせるという方法もあります。
例えば、僕の場合、性格的に人見知りで家が大好きなので、自宅で出来る仕事を探して今はブロガーをやっています。

サッカーが好きだからサッカー選手になる、漫画を描くのが好きだからマンガ家になるという人は多いですが、意外と自分の性格に合わせて仕事を選ぶ人は少ないのですよね。

こうすると、好きという%は下がりますが、選べる仕事の選択肢はグッと増えます。
それだけ好きなことが出来る確率が上がるのです。

そして、こんな変化球的な好きなこと仕事にする方法でも意外と楽しい。
なぜなら、性格的に合っているからです。

ネットを利用するとさらに可能性が上がる

好きなことを仕事にする変化球的な方法に、ネットを絡めるとさらに可能性が広がります。
ネットを絡めると、それ以前には仕事として成立しなかったことさえ、仕事に出来るのですよね。

例えば、あなたが漫画を読んだり、アニメを観たりするのが好きだとしても、それを仕事にすることは難しいですよね。
一応、プロの漫画評論家やアニメ評論家もいますが、それはごく一部で需要も少ないため、サッカー選手以上になるのは難しい職業。

ただ、ネットで漫画やアニメの感想やレビュー、情報をまとめて稼いでいる人は意外と多い
他にも、ネット上で漫画やイラストなどの作品を稼いでいる人などもいます。

ちょっと目線を変えてやり方を変えるだけでも好きなことを仕事にできる確率はグンと上がります。