芸人時代は相方探しに苦労したタクです。
今回はそんな相方探しに関するお話し。

僕自身や友達が実際に行った相方の探し方一覧

お笑い芸人の相方探し。

コンビやトリオとしてお笑い芸人になりたいのなら、相方探しは欠かせません。

相方って、場合や環境によっては全然見つからないのですよね~。

僕も最初はすぐに見つかったのですが、そのコンビを解散してからは見つけるのに苦労しました。

そんな僕や芸人の友達が実際に行った相方探しを一覧形式にしてここで紹介していきたいと思います。

養成所に入って探す

養成所です。

相方を作るのならお笑いの養成所に入る。
これが一番手っ取り早いですね。

現在プロ芸人として活躍しているコンビの多くがこのパターン。
有名なコンビでは『ブラックマヨネーズ』や『雨上がり決死隊』など、トリオでは『森三中』や『ジャングルポケット』などがいますね。

なにしろ入っている人は全員お笑い芸人を目指しているわけですから。
もちろん、すでにコンビやトリオを組んでいる、ピンで活動する予定なので相方が必要ない人もいます。

とはいえ、普通に探すよりも相方を欲している人が多くいるわけですから。
お金がかかるのがネックですが、同時にお笑いの勉強も行えるので、芸人を目指すなら一度は入っておいて損はありません。

僕は声優として事務所に所属し、その後に芸人に転身したため、お笑いの養成所には通ったことありません(声優の養成所は経験あり)
ただ、友達の芸人が養成所に入ってすぐに相方を見つけていました。

やはり、相方を見つける場所としても養成所は最高の環境ですね。

友達や知り合いから探す

友達や知り合いの中から探す。

昔からの友達とコンビやトリオを組む。

これでプロ芸人となった人も多いですね。

コンビであれば『ダウンタウン』や『とんねるず』、トリオであれば『ネプチューン』や『ロバート』(どちらもツッコミは後から加入)などがいます。

昔からの友達とコンビやトリオを結成する芸人が一番多いですね~。
気心が知れているので漫才やコントなどの呼吸が合わせやすいのかもしれません。

もちろん、どちらもお笑いの才能があるパターンは少ないので、売れずに解散、または引退するコンビやトリオも多いですが。
ちなみにこのパターンのコンビやトリオに大物が多いですが、昔は養成所の数が少なかったのが原因じゃないかなと思います。

若手芸人に目を向けると養成所結成コンビやトリオの方が多いですから。
また、昔からの知り合いと組む以外にも、知り合いやその紹介から相方を見つけるパターンも多いですね。

特にある程度活動してから解散してしまい、その後に再び相方を探す人にこのパターンが多いようで。
人脈が広がると、やはりこういった選択肢も増えますね。

スカウトする

スカウトして見つける。

友達や知り合いではないけれど、気になる人がいる。

そんな場合はスカウトするというのも一つの手。

もしくはその人との知り合いがいれば、知り合い伝いで紹介してもらうのもアリですね。

スカウトというとなんだか難しく感じるかもしれませんが、要は自分から声をかけるということです。

友達や知り合いから探すのと形は同じですね。
最初のキッカケのハードルだけなんとかすればいいわけです。

コンビやトリオの解散は思った以上に頻繁に行われています
なので、ライブに顔をよく出すなど、そういった情報が手に入る状況があれば、スカウトも決して難しくはありません。

相方募集掲示板などを利用する

相方募集掲示板などで探す。

ネット上にはお笑いの相方募集掲示板といったものもあります。

分かりやすく言うと、お笑いの出会い系といった感じでしょうか(笑)

実は僕はこういった掲示板を利用して何度かコンビを組みました。

怪しい・アテにならないといった感情を持っている人もいるかもしれませんが、想像している以上に相方を探している人と会うことはできますよ
まあ、すぐにコンビが組めるかどうかはまた別ですが。

なにしろ全く知らない同士が会うわけですから。
やはりなかなかうまくいかず、コンビを組むだけでも僕は何人も会いました。

また、コンビを組んだ後も、うまくいかずにすぐに解散というパターンも何度かありました。
ただ、長く活動できたコンビもあるため、全くダメというわけではないかなと思います。

特に僕のようにお笑いの養成所に入ってないなど、周りにそういった人脈がない人は重宝するツールです。