端末だけならkoboかKindleが欲しいスヤマタクジです。
今回はそんな電子書籍リーダー端末に関するお話し。

電子書籍リーダー端末は楽天kotoとAmazon Kindleの2強

電子書籍リーダー端末なら、楽天kotoとAmazon Kindleの完全なる2強ですね。
まあ、電子書籍リーダー自体を販売しているメーカーが少ないというのもありますが。

電子書籍はスマホやタブレットで読む人も多いですからね。
ただ、電子書籍リーダーにはタブレットやスマホより目に優しい・電池が長持ちする・紙の本に近い感覚で読めるという魅力があります。

Amazon Kindle 電子書籍リーダーの特徴

Kindle電子書籍リーダーシリーズです。

一番有名な電子書籍リーダーといえば、AmazonのKindleシリーズ。
一番の目玉は1万円を切る圧倒的な価格の安さ(Amazonプライム会員ならさらに半額近い値引き)

一番安いモデルは価格が安いだけあって性能はそこそこですが、それでも読書をするには十分なレベル。
また、上位版にはWi-Fi + 無料3Gのモデルも存在し、これなら独自に電子書籍をダウンロード(無料)できます。

家にネット回線がない・スマホを持っていないといった人でも電子書籍が読めるというわけです。
ネックはどれもサイズが6インチのみという点。

6インチは漫画を読むにはちょっと小さいのですよね。

楽天kobo 電子書籍リーダーの特徴

楽天koboの電子書籍リーダーです。

楽天koboの電子書籍リーダーは、Kindleは違った切り口で攻めているのが特徴。
Kindleが安さならkoboは機能性で勝負しています。

具体的には、画質がキレイ・防水・電池の持ちがいい・上位版モデルは画面サイズが大きい・メモリーカードも挿せるなど。

全体的に価格はKindleより上ですが、その分、性能面ではkoboの方が完全に上。
特に防水と画面サイズの大きさは魅力ですね。

ただし、安いモデルはこちらもやはり6インチのみ&防水じゃないという点がネック。

どちらも共通した弱点があるのがネック

どちらの電子書籍リーダーもそれぞれの電子書籍ストアでしか使えない。
Kindleの電子書籍ならAmazon Kindleのみ、koboの電子書籍なら楽天koboのみですね。

そして、Kindleもkoboもアプリがイマイチ。
なので、僕は電子書籍じゃなく、タブレットを購入することにしました。

正直、電子書籍を読むだけならタブレットより電子書籍リーダーの方がいいのですが・・・。
どちらも他の電子書籍ストアでも利用できるようにして欲しいですね。