比較した結果、レンタルはないなと思ったスヤマタクジです。
今回はそんな電子書籍レンタルのお話し。

レンタルが行える電子書籍ストア

おおきく振りかぶって電子版です。

レンタルというか、借りるという行為は紙の本ではよくあることですよね。

人から借りるだけでなく、図書館などでも紙の本を借りることはできますし。

さらに、電子書籍が登場する少し前辺りからTSUTAYAやゲオといった大手でもコミックレンタルが始まりました。

そんなレンタルコミックですが、実は電子書籍でも行えるところがあります。
それが『電子貸本Renta!』と『コミックシーモアレンタル』ですね。

Renta!はレンタルをメインとした電子書籍ストア、コミックシーモアレンタルは販売をメインとしたコミックシーモアのレンタル部門

ただし、電子貸本Renta!でも無期限レンタルという形で購入も行えます。

電子書籍レンタルのメリット

  • 購入するよりも安い価格でレンタルできる
  • 2泊3日100円程度でレンタルできる作品も多い
  • 1回読んだらもう読まない人におすすめ
  • 購入(無期限レンタル)も行える
  • 紙のコミックレンタルのように返す手間がかからない
  • そのため、延滞料金を取られることもない
  • 電子書籍ストアはBL・アダルト系・マイナー系が充実している
  • メジャーな作品もある程度は取扱い

電子書籍レンタルのメリットをまとめると以上の通り。
最大のメリットは購入するよりもリーズナブルという点。

2泊3日100円程度でレンタルできる作品も多いですからね。
本やコミックは1度読んだらもう読まないという人も多いはず。

そんな人なら購入するよりレンタルした方がお得です。
また、欲しくなったら購入(Renta!では無期限レンタルという呼び方)することも出来ます。

そして、紙のコミックレンタルと違い、期限が過ぎたら自動で返却してくれるため、借りるのも返すのも手間いらず。
自動返却なので延滞料金が取られる心配もありません。

ちなみに『Renta!』も『コミックシーモアレンタル』もメジャー作品もある程度は揃えていますが、どちらもBLやアダルト系、マイナー作品に力を入れているのが特徴です。

電子書籍レンタルのデメリット

  • レンタルが行える電子書籍ストア少ない
  • ジャンプ・マガジン・サンデーなど、メジャーどころはレンタルできない
  • 電子書籍ストアの構成が人によっては抵抗があることも
  • 時間制限があるため、何度も読みたい人には向かない
  • 作品によっては購入した方が安い場合も
  • 購入する場合、他の電子書籍ストアと比べると弱い

電子書籍レンタルのデメリットをまとめると以上の通り。
最大のデメリットはレンタルできる電子書籍ストアが少ない&メジャー雑誌の漫画がレンタルできないところでしょう。

ジャンプ・マガジン・サンデーのメジャーどころはないため、僕みたいにこの辺りをメインに読んでいる人には魅力が弱いでしょう。
また、マイナー作品はともかく、BLやアダルト系をメインにプッシュしている電子書籍ストアの構成に抵抗がある人もいるでしょうね。

『Renta!』『コミックシーモアレンタル』どちらの構成も見る限り、男性よりも女性をメインターゲットとしている印象を受けます。
レンタルは時間制限があるため、何度もコミックを読み返したい人向けではありません。

仮に購入するにしても、他の大手電子書籍ストアと比べるとちょっと弱いかなと感じます。
この辺りの詳しい比較レビュー記事は以下のリンクを参照してください。

あとは作品によってはレンタルするよりも買った方が安い場合もあるのですよね。
というのも、大手電子書籍ストアではセール・割引クーポンなどで値引きを、1冊丸ごと無料の作品も期間によってどんどん変わっているから。

以上のメリット・デメリットから、僕は電子書籍はレンタルするより購入する派です。