Amazon読み放題を使い倒しているスヤマタクジです。
今回はそんな電子書籍読み放題に関するお話し。

Amazon読み放題は想定以上の人気で混乱中

2016年8月から始まったAmazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』。
このブログでも記事を書いているので、良ければ読んでみてください。

で、これが想定以上の人気で、2016年8月末ですでに混乱に陥っているらしいです。
具体的には、人気のある漫画や写真集などがラインアップからどんどん外されているようで。

Amazon読み放題サービスでは、読まれるページ数(ダウンロードされただけではダメ)で出版社に利用料を配分するシステム。
つまり、たくさん読まれれば読まれるほどに支払う利用料は増えていくわけ。

しかし、たくさん読んでも利用者からもらえる月額は変わらない。
そのため、よく読まれる人気作品をラインナップから外して調整しているわけですね。

これは、月額利用料を安くし過ぎたAmazonの完全な失敗です。

日本の電子書籍ストアのみなさん、巻き返しのチャンスです!

Amazonが失速している今、日本の電子書籍ストアのみなさん、巻き返しのチャンスですよ。
すでに様々なジャンルがAmazonに持っていかれているのに、電子書籍まで持っていかれていいのか?と。

楽天kobo辺りがすぐに追随してくれるかと思ったのですが、今のところ全然そんな動きはないですし。
いつまで様子見をしているのかっ!と。

すでに『Kindle Unlimited』にかなりのユーザーが流れています。
Amazonがこの混乱を収めて、再びラインナップを充実させて来たら、もう追随は不可能です。

日本の電子書籍ストアの人はこの辺分かっているのですかね?
日本企業の最大の弱点、動きが遅いというのが電子書籍市場でも出ています。

狙い目は漫画とライトノベル

Amazonに対抗するなら狙い目はマンガとライトノベル!
漫画・ライトノベルのラインナップは弱いですし、なにより日本の本市場で圧倒的に売れているのはマンガとライトノベルですからね。

ここを押さえることが出来れば、電子書籍部門ではAmazonの日本利益を超えることも不可能ではありません。
そして、いくつかの電子書籍ストアはそれが可能。

BOOK WALKER(KADOKAWA直営)のような出版社直営の電子書籍ストアもあるからです。
こういったところはすぐに自分達のところの作品だけでも読み放題にして提供して対抗すればいいのに。

なぜしないっ!?
読み放題にしない方が利益が大きいなんて思ってケチッていると、他に先にやられて足元すくわれますよ。

どの業界も先行者が圧倒的に有利なのですから。
そして、すでにAmazonが電子書籍読み放題では先頭を走っているのです。

出し惜しみしている場合ではありません。