完全にダイエットが袋小路に入ってしまったタクです。
今回はそんな時に見つけた健康本のお話し。

電子書籍の出版依頼メールが

ついに僕にも電子書籍の出版依頼のメールが来た☆
運営しているブログをまとめた本を出しませんか?といった内容の。

その運営しているブログは1年ちょっとですが、僕がブログ運営を始めてもうすぐ8年目に突入するので、有名ブロガーなどと比ベると完全に遅咲きですよね~・・・・とか浮かれていたら、自費出版でかーーーーい(゚Д゚)ノ

自費出版だとかなり事情が変わります。
お金さえ出せば、誰でも簡単に行えますからね~(^_^;)

これはもう出版依頼とは言わないでしょう。
しかも、性質が悪いことにメールではそのことが書いてない(>_<)

調べてみたら、10万円程度の費用がかかるみたいですし・・・。
会社名は書いてありましたが、会社のURLも書いてないし、返信してその気になったら丸め込もうという作戦なのでしょうか?(そうはいかない!)

全く知名度がない僕が本を出版したところでそんなに売れるわけもない(悲しい現実)
苦労して本を書いて、赤字10万円では目も当てられません!

即断ってやりました(o^-‘)b

誰でも出せる本を出版できる時代

夢

ちなみに電子書籍の出版は紙の本と比べると、かなりハードルが低いみたいです( ゚д゚ )

もちろん、自費出版であればですが(笑)

簡単に言えば、原稿と自費出版するためのお金があればOK(o^-‘)b

まあ、これは簡単にまとめ過ぎですが。

登録作業など、かなり面倒な手続きなどもありますし(^_^;)
電子書籍であれば、やはりAmazonの電子書籍サービスkindle(キンドル)が一番有名ですね。

この辺りの詳しい解説は『kindle 出版』などで検索すればすぐに出てきます^^
その他にも、電子書籍出版代行サービスなどもあります

費用はかかりますが、簡単に出版したい時に重宝するサービスです♪
Amazonの方はもちろん、電子書籍出版代行サービスにも審査があるところがあるので、審査を通ることも必要です。

面倒は多いが出版するメリットもある

本を出版するとまず箔が付きますね。
特に日本人はこういった権威などに弱い傾向がありますから(笑)

セミナーや会社・店舗経営などを行っていて人前にバンバン出る人なら、本を出版しているというのはステータスになります
逆に僕みたいに人前に出ることがほとんどない人にはあまりこの辺りは役立ちませんね(なので、今回も断りました)

とはいえ、売れれば話しは別☆
知名度は上がりますし、当然ながら印税収入も入りますしね。

とはいえ、知名度がない人が売れることはほぼないため、ブロガーであればブログの固定ファンがどれだけいるかにかかってきます。