もう電子書籍から離れられないスヤマタクジです。
今回はそう思ったエピソードの一つに関するお話し。

予約注文しておくと発売日に自動でダウンロードできる

おおきく振りかぶって26巻です。

最近、紙の本から電子書籍に変えた僕☆

一番の理由は紙の本の置き場所の問題でしたが、その他の便利さにも今回は気付きました。

それは予約注文が非常に便利という点♪

予約注文しておくと、発売日になったら自動でダウンロードできるようになります。

写真のコミックは12月22日の今日発売日の『おおきく振りかぶって』の26巻
もちろん、朝起きたらすでにダウンロードできるようになっていました(o^-‘)b

地元が田舎だったこともあり、子供時代は新刊を買いに行くのに自転車で片道30分、往復1時間ぐらいかけていたことを思うと僕にとってはこれはかなり感動的。

家にいながら新刊が即手に入るわけですからヽ(´▽`)/

今回は0時15分にダウンロード可能にっ!?

物凄く早い。

家に居ながら手に入れるなら通販でも良いと考える人もいるでしょう( `ー´)ノ

しかし、そんな通販も凌駕しているのが電子書籍なのです。

なぜなら、発売日になったら即、今回は0時15にダウンロードできるようになっていたのですから☆

まあ、実際はその時間は寝ていたので、履歴の記録で確認しただけですが(笑)

ちなみに僕は電子書籍はAmazonのKindle(キンドル)を利用していますが、他の電子書籍サービスでもほぼ同じではないかなと。
Kindleがここまで早いのに他が遅ければ、すぐに読みたい人はKindleで利用するでしょうから(^_^;)

もちろん、通販ではこの時間帯はまず無理ですよね。
というか、僕みたいな地方在住者の場合、予約注文していても発売日の数日遅れに届きますし・・・( ̄д ̄)

また、受け取りの手間もあるので、家に居ないと再配達でさらに遅れるパターンもありますし。

僕が住んでいる福岡は紙の本は2日遅れ

福岡は発売日が遅い。

ちなみに紙の本なら、僕の住んでいる福岡の場合、新刊は発売日の2日遅れで本屋に並びます( ̄д ̄)

僕みたいに新刊はすぐに読みたい人にとってはこの2日がもどかしいのですよね~。

特に僕は東京に長く住んでいたこともあり、『東京なら当日に変えたのに~!』という思いもありますし(>_<)

これが電子書籍だとなくなったのが非常にうれしい。
ただ、作品によってはなぜか電子書籍だけ発売日がひどい時には数か月遅れるのが邪魔くさいのですが(やめて欲しい)

また、なぜか『進撃の巨人』など、作品によっては福岡でも発売日の当日に本屋でも並んでいるものも(出来るなら全部こうして欲しい)
とはいえ、電子書籍の便利さを知ってしまうと、もう紙の本には戻れませんね(笑)