ドコモの格安スマホ(MVNO)対抗が始まったなと感じるスヤマタクジです。
今回はそんなドコモの格安スマホ端末『MONO』に関するお話し。

ドコモの格安スマホ端末『MONO』のスペック

  • 価格は3万円程度
  • 一括払い購入&12カ月間使い続けることが条件の割引価格で650円程度になる
  • 製造元は中国のZTE
  • スペックは他の3万円程度の格安スマホとほぼ同じ
  • 防水・防塵仕様
  • ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信機能・シンプルメニュー・生体認証はなし
  • ドコモの格安スマホ端末『MONO』のスペックをまとめると以上の通り。
    シンプルな使い心地をテーマとしているだけあって、全体的に普通といった感じ。

    他の3万円台の格安スマホ端末と大きな差はありません。
    せめておサイフケータイやシンプルメニューは搭載しても良かったと思うのですが。

    ただ、3万円程度というのは割引価格を利用しなかった時。
    割引価格を利用すれば一括で650円程度と破格。

    650円でこのスペックなら文句なしですね。

    ドコモの格安スマホ端末『MONO』の料金プラン

    ドコモの格安スマホ端末『MONO』は650円程度とたしかに安い。
    が、料金プランはいつもの通り。

    つまり、安い料金プランでも月額7000円~。
    端末代がほとんどかからないとはいえ、月額はなんだかんだで高くなるので注意が必要です。

    ドコモの格安スマホ端末『MONO』の総合評価

    ドコモの格安スマホ端末『MONO』の総合評価をまとめると、『必要なし!』の一言。
    たしかに端末代は650円程度とすこぶる安いですよ。

    実質0円がなくなった今、最安クラスで安いと言っても過言ではないでしょう。
    が、料金プランは安くても月額7000円~ですから。

    それなら、MVNO(格安スマホ)会社が提供している格安SIMを利用した方が安いですから。
    端末代は別ですが、僕は月額2000円以下に料金を抑えています。

    さらに、データ通信容量を少なくすれば、MVNOならもっと安い料金プランも用意されています。
    例えば、iPhone SEなら新品でも5万円程度で購入でき、それを1年で割ると4166円。

    これに2000円をプラスしても6166円と『MONO』を利用するより安くiPhoneが利用できます。

    もちろん、ドコモとデータ通信容量&電話かけ放題を付ける(MNNOの場合は時間などに制限がある)とiPhone SEだと高くなってしまいますが、もっと安い端末を選べば条件がほぼ同じでもMVNOが安くなります。

    料金プランが変わらない限り、いくら『MONO』が安くても購入する価値なし。
    650円でiPhone並の高スペック端末を提供するなどすれば別ですが(その場合、また行政の指導が入るでしょうが)