クレカ+電子マネーで無駄削減。

日本のお金の電子化率の低さに不満があるスヤマタクジです。
今回はクレカや電子マネーも含めたお金のお話し。

お金を電子化する国や会社のメリット

お金を電子化するメリットは国にも個人にもあります。
国や会社のメリットは大幅に出費を削減できるところ。

現金だとお金を作ったり管理したり運んだりするコストがかかる。
国レベル莫大な量となるためかなりの出費となります。

また、民間レベルでも現金を取扱うといろいろとコストがかかる。
銀行が一番分かりやすいですね。

お金を電子化すれば現金を管理したり、ATMや窓口の作業もなくなります。
普通の会社やお店であっても売上の計算などが楽になり、コストも時間も削減できます。

お金を電子化する個人のメリット

個人の場合も国や会社と同じで手間とコストが削減できるところ。
今でも支払いをクレジットカードや電子マネーに切り換えるだけで随分と手間とコストが削減できますからね。

ATMに並ぶ必要はありませんし、小銭で財布をパンパンにすることもなくなる。
家計簿を付けている人なら計算もかなり楽になります(クレカや電子マネーは明細が簡単に見れるので)

コストに関しても支払いに利用するとポイントが付くので、現金で支払うようりもお得になります。
1回1回は小さくてもこれが毎日続くわけですからね。

最終的な差はとんでもなく大きくなります。

お金を含めた日本の電子化率は先進国最低クラス

これだけメリットがあるお金の電子化ですが、現状の日本の電子化率はかなり低い。
お金を含めた日本の電子化率は先進国でも最低クラスですからね。

クレカや電子マネーが使えないところはまだまだ多いですし、お金以外の電子化はさらに遅れていますからね。
役所など国の機関、さらに民間の企業でもまだまだ情報を電子化できていないところが多い。

エストニアなどの電子化率100%に近い国があるのに対し、日本の電子化率は30%を切るそうで(2017年1月時点)
先進国でも最低クラスです。

電子マネーの現実

『日本の電子化率が低いというけれど、電子マネーを使っている人は多いじゃないか』

そんなツッコミもあるかもしれませんが、電子マネーだけで支払いをほぼ済ませている人は少ないですよね?
というより、現状では1枚の電子マネーだけでは支払いを済ますのはほぼ不可能。

ほとんどの人が電車のSuica(スイカ)やイオンのWAON(ワオン)カードのように、頻繁に支払いがあるものだけを電子マネーにしているだけ。

これは電子マネーを使っているというより、電子マネーを一部活用しているだけといった方が正しいですね。

電子マネーの弱点は政府が発行しているお金じゃなく、企業が発行しているお金のため利用できるところが少ない(その企業と提携しているところのみ)というところ。

電子マネーで支払いを済ませようと思ったら何枚も持たないといけないのがネックですね。
さらに定期的なチャージが必要(クレジットカード一体型なら不要)、余った電子マネーを現金化できないという弱点もあります。

クレジットカードの現実

電子マネーが企業が発行しているお金なのに対し、クレジットカードは預金から引き落とすシステム。
電子マネーよりずっと利用できるお店が多いのがメリットです。

ただ、上でも書いた通り日本は電子化率が低い国。
まだまだ飲食店などクレカに対応していないお店も多いのですよね。

進んでいる国なら屋台でだって使えるというのに。
また、使えてもいちいちサインが必要なお店が多いのも面倒。

電子マネーみたいにかざすだけで引き落とすシステムにしてくれればいいのにといつも思います。

理想はクレジットカード+電子マネー

現状システムをそのまま使ってお金の電子化を進めるのなら、クレジットカードと電子マネーの特徴を備えているカードがあれば理想的ですよね。

クレカ並に使えるお店が多く、チャージ不要の電子マネーといいますか。
もしくはそれが難しいのなら、複数の電子マネーが使えるクレカ一体型のカードがあるといい。

電子マネーのネックは複数持つことですから、これを1枚にまとめてくれると非常に助かる。
どこかの会社ががんばってそんな複数電子マネー一体型クレカを出してくれないでしょうか。

出してくれたら僕を含め、多くの人が作ると思うのですが。
以上、『クレジットカード+電子マネーで国も個人もお金の無駄を大幅削減』でした。

ではではまた。