マルチ商法に騙されて自己破産した経験があるスヤマタクジです。
今回はそんな借金地獄に困ったときのためのお話し。

消費者金融&闇金から借りていたら払い過ぎに注意

消費者金融業者や闇金でお金を借りてたら、あなたは必要以上に借金を返しているかもしれません。
過払い金というやつですね。

テレビCMなども行っているので言葉ぐらいは聞いたことあるのではないでしょうか。
過払い金とは文字通り、借金以上にお金を払い過ぎたことを言いますが、闇金・消費者金融業者で借りているとこれがよく起こります。

というのも、借金の利息は法律で決められているのですが、闇金や消費者金融業者ではこれを超える利息を付けられることが多いから。
法律を超えた部分の利息は無効となります。

これに気付かず、借金を返し続けている人が多い。
金利だけ払っていても元本は減らないので、いつまで経っても借金の返済はできません。

貸している側からすれば、何もしなくてもお金が入ってくるボロイ商売。
過払い金だったのなら今すぐに行動を起こしましょう!

具体的な利息の数字は、元本が10万円未満の場合で年20%・10万円以上100万円未満の場合が年18%・100万円以上が年15%となります。
これを超えた場合、下で紹介する過払い金請求をすれば、払い過ぎた金額が戻ってきます。

過払いじゃなくても減らしたりチャラにする方法もある

過払いはもちろん、消費者金融や闇金でお金を借りてなく、銀行などで借りて過払い金がないとしても借金を減らしたりチャラにする方法もあります。

まずは自分が以下のどの方法なら出来るかをチェックしましょう。
ちなみに、よく言う債務整理(借金整理)とはこれらを全部まとめて指した言葉です。

過払い金請求

上で解説した闇金や消費者金融で借りている場合に起こる過払い金を返還してもらう請求のこと。
闇金・消費者金融で借りているのなら過払い金が発生している確率が高いため、今すぐにチェック&行動を起こしましょう。

借り入れを一本化(おまとめローン)して金利を減らす

複数の金融業者から借りているのなら、それを一本化(おまとめローン)して金利を減らすという方法もあります。
金利が低い銀行のおまとめローンから借りられれば一番ですが、複数の業者から借りている時点で銀行の審査は簡単には受かりません。

知名度を落とせば審査は通りやすくなりますが、金利は消費者金融より少し良くなるといった程度でしょうか。

任意整理(借金が大幅に減る可能性あり)

任意整理とは、弁護士や司法書士が代理人となり、金融業者と和解を結び借金を返済していくこと。
基本的に将来金利はカット・元本を3~4年程度かけて返済していきます。

過払い金があればその請求も行うため、借金が大幅に減る可能性もあります。
弁護士や司法書士が必要なため、個人で行うことはできません。

自己破産(借金をチャラにする)

自己破産とは、借金をチャラにする方法。
僕が行ったのもこのパターンですね。

収入に対して大き過ぎる借金があれば、この方法を行うこともできます。
こちらは弁護士などを通さずとも、個人で行うこともできます(僕は個人で行いました)

ネックは自己破産をすると、マイホームなどの20万円以上の資産が基本的に残すことができないことですね。
また、手続きしても裁判所の判断によっては自己破産できないこともあります。

個人再生(マイホームを残しつつ借金圧縮)

個人再生は、借金額を1/5(下限100万円)に圧縮し、原則3年間で分割返済をしていく制度のこと。
ただし、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下・将来的に継続的な収入があるなどの条件があります。

借金は減らしたいけど、自己破産してマイホームは失いたくない人向け。
また、借金理由なども問われないので、自己破産できない人でも利用できる制度です。

借金地獄から逃れる具体的なやり方

ここからは上の方法を実践する具体的なやり方を紹介します。

自分で債務整理の手続きする

専門家である弁護士や司法書士に債務整理を頼んだ方が安心・簡単ですが、お金がかかってしまうのがネック。
僕のように自分で勉強して自分で手続きを行うのは面倒ですが、コストを抑え、さらに借金の知識を得ることもできます。

なので、最終的に弁護士や司法書士に頼むとしても、勉強しておいた方がいいですね。
お金について勉強しておかないと、また借金をする可能性もありますし、最悪、弁護士や司法書士を名乗る悪い人に騙されることもあります。

情報を知らない情報弱者は騙す側にとって一番だましやすいですから。
また、任意整理は個人で行えず、個人再生は弁護士を通して行った方が費用が安くなったりします(弁護士がいないと必要費用が上がる)

プロの弁護士に相談する(相談は無料)

お金はかかりますが、一番確実・簡単なのがプロの弁護士に頼むこと。
弁護士と司法書士のどちらを選ぶかですが、対応力の面で弁護士の方がおすすめ。

ちゃんとした弁護士を選ぶのはもちろん、債務整理に強い弁護士弁護士を選ぶのは基本中の基本ですね。

まずは無料相談してみて、良ければお願いするという形にしましょう。
自分でもある程度は勉強して、良い所を見極める目を養っておくと安心。

匿名・ネットで無料シュミュレーションをする

いきなり弁護士に相談するのがハードルが高い場合、匿名・ネットで無料シュミュレーションが行えるところも。
これでどの程度、借金が減るか判断してから決めるのもアリですね。

ただし、これはあくまで目安なので、数字をそのまま真に受けないようにしましょう。
こちらは、全国の借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所が比較できるサイトですね。

なので、事務所は1つだけでなく、複数の中から比較して選びたい場合にもおすすめです。

借金がなくなった後の生活が困らないように

借金がなくなり、借金地獄から逃れられても安心してはいけません。
再びお金を借りれば、すぐに借金地獄に戻ってしまうかもしれないからです。

特に自己破産については続けて行えないため注意しましょう。
そうならないためにも、まずは借金をしてしまった生活を改善しなければいけません。

消費を減らして守りを固めれば、簡単には借金を減らすことはありません。
また、仕事を見直し、収入をアップさせるのも一つの手。

自分は低学歴で、資格なし・特別な才能がないとあきらめないでください。
僕も同じく低学歴・資格なし・特別な才能もありませんが、自己破産後に見事復活することができましたから。

転職など、行動してみないと結果は分かりません。
特にブログなどのネット起業であれば、お金もかかりませんし始めるだけなら誰でも簡単に行えますから。

また、悪い人に騙されないためにも、稼ぐチャンスを掴むためにも、情報力は非常に重要。
情報を集め、行動していく、これが人生を変えていくための大事なことです。