リスクはコントロールすれば怖くないと納得したスヤマタクジです。
今回はそんなクレカのリスクのお話し。

クレジットカードのリスク

クレジットカード犯罪などのリスクも。

クレジットカードは便利ですがリスクもあります。

盗難・スキミング(カードの情報を特殊な機械で読み取る)・フィッシング詐欺などのクレジットカード犯罪が有名ですね。

最近はネットやメールを使ったフィッシング詐欺が特に注目されていますね。

これらを防ぐには、日頃からしっかりとクレジットカードを管理する必要があります。
また、それ以外にも店舗での使い方にも注意しないといけません。

というのも、店舗で利用する場合もスキミングや番号を控えられてしまうリスクがあるから。
スーパーや大型店舗などは、目の前でピッと通すだけなので良いんですけど、問題はそれ以外。

小さなお店とかだと、小型の読み取り機で通したりしますが、たまにレジ横ではなく、後ろの方にあって、カードを店員が預かって通してきてくれたりする時が注意が必要。
その時に裏で店員が番号をメモしていたりしても分かりません。

また、ひどいところになると、カード読み取り機自体にスキンミングを行う細工をされている場合も・・・。
店主や店員がスキンミングを行っている、または手助けしている場合のパターンです。

ちなみに、クレジットカードは暗証番号を知らなくても使える場合があります。
通販などはそのパターンなので、クレジットカード番号は絶対に知られないように注意しましょう!

基本は大手通販&引き落とし専用が安全

ネット通販や引き落とし専用で使う。

クレジットカード犯罪などのリスクを減らすためには使い方を限定するのが一番。

僕がクレジットカードを使う時は、楽天やAmazonなどの大手通販で購入する用と水道光熱費などの引き落とし用で。

絶対に安全というわけではありませんが、これなら店舗でのトラブルはなくなるため、かなりリスクを減らすことができます。

ちなみに、ネットでの利用は暗号化されて送信されているので、カード番号などもお店側は知ることはできません
なので、ネット通信のセキュリティが破られない限りは安全。

ただ、楽天やAmazonなどの大手はSSLなどの暗号化がされていますが、小さいところではされていない場合も。
大手以外で使う場合は必ず暗号化されているかどうかを確認しましょう。

光熱費などの引き落としに関しても、紙の書類での申し込みが心配であれば、ネット上での申し込みを利用しましょう。
最近はこういったところでも会員専用のWebページが用意されていますから。

登録は面倒ですが、一度登録しておけば支払い方法の変更はもちろん、利用明細なども確認や引っ越し時の住所変更などもネット上で行えるようになります。

店舗でもクレジットカードを使いたいのなら

店舗でクレジットカード払いを行うなら。

多少リスクがあっても、店舗でもクレジットカードを使いたい!

そんな場合は使う店舗に気を付けるぐらいしかリスクを下げる方法はありません。

最初に解説した通り、店舗で使うなら目の前でピッと通すだけの大手が一番安全。

逆に気を付けたいのが、読み取り機が裏にあるタイプの店舗ですね。
その場合、カードを店員に預けて読み取り機に通すことになりますが、それだと裏でどうしているかチェックできませんから。

いくらクレジットカードが便利でポイントなどが貯まるといっても、それで損をしてしまっては元も子もありません。
短期的な利益に目を奪われず、長期的な目線でリスクを避ける方がクレジットカードとの賢い付き合い方です。