作ってみると簡単だったなと思うスヤマタクジです。
今回はそんなクレカの作り方のお話し。

一般的なクレジットカードの作り方の流れ

  • 申込み用紙に必要事項を記入(ネット申込みが行えるところも多い)
  • 申込み用紙をカード会社に郵送
  • カード会社の審査
  • 場合によっては会社などに確認電話が入ることも
  • 審査に通ればカードが送られてくる(申込みから数日~数週間程度かかる。会社によって違う)
  • カードを受け取る時に本人確認書類が必要

一般的なクレジットカードの作り方の流れをまとめると以上の通り。
申込みを簡単にしたいのなら郵送よりもネット申込みの方が簡単ですね。

今ではだいたいどこの会社もネット申込みに対応していますから。
ただし、店頭申込みはネットよりもお得なキャンペーンを行っている場合もあります。

その場合は店頭申込みの方がお得ですね。
クレジットカードの作り方で一番ポイントとなるのは、会社の審査の部分でしょう。

僕も個人事業主を始めたばかりの頃は全て審査落ちしました。
年数が経ってからやっと審査に通りましたが、僕の場合、特に銀行系が厳しかったですね。

クレジットカードを作るなら会社員の時が一番作りやすいです。
場合によっては会社などに確認電話が入ることもあるそうですが、僕は今まで一度もそういった電話が来たことがありません。

審査に通れば家にカードが送られてきます。
僕の場合はだいたい2週間~3週間程度でカードが送られてきました

前はなかったのですが、今ではカードを受け取る時に本人確認書類を提示する必要があります。
配達員が来た時に慌てないように、あらかじめ用意しておきましょう。

ネット系クレジットカードの作り方の流れ

  • ネット申込みで必要事項に記入
  • 数時間で審査完了
  • 3日~5日程度で家にクレジットカードが届く
  • カードを受け取る時に本人確認書類が必要

ネット系クレジットカードの作り方の流れをまとめると以上の通り。
ちなみに僕が作ったことがあるネット系クレジットカードは楽天カードとYahoo!Japanカードの2つ。

どちらも還元率はそこそこですが、手続きしなくてもポイントが自動的に貯まる・貯まったポイントも色々なところで利用できるので使いやすい・年会費がずっと無料というメリットがあります。

ネット系クレジットカードの特徴は審査が早く、審査に落ちることがあまりないという点。
作り方や審査に不安を感じているのならネット系クレジットカードに申込むのをおすすめします。

僕の場合、楽天カードの審査は1時間ほどかかりましたが、Yahoo!Japanカードの審査は2分で終わりましたから。
2分ですよ!2分っ!!

また、どちらも3日後にカードが家に届きました。
それまでは銀行系のクレジットカードばかり使っていて、カードが届くまでに2~3週間かかっていたので、このスピードの差は衝撃的でしたね。

さらに、審査や届くのが早いだけでなく、カード自体もクレジットカードの中では使いやすいですから。
どちらも標準還元率1%は低い!という人もいますが、高いものでも標準還元率はせいぜい1.5%ぐらい。

しかも、他のクレジットカードはだいたいそこの会社のポイントを貯めて、何かに交換するシステム。
これが面倒ですし、僕はよく忘れてしまったのですよね。

なので、自動で楽天ポイントが貯まる楽天カードや自動でTポイントが貯まるYahoo!Japanカードは非常に使いやすいと感じるのです。
そして、還元率も高いものと比べても0.5%としてか差がありませんから。