ずっと避け続けていたけどついにクレカを持った&その便利さにはまったスヤマタクジです。
今回はそんなクレカと電子マネーのお話し。

クレジットカードとは?

クレジットカードです。

クレジットカードについてはもはや説明不要ですね。

カード1枚で日本はもちろん、海外でも買物が行える。

VISAやJCBなどの決済業者(ブランド)が支払いを肩代わりし、後でまとめて払う後払いシステムが基本です。

電子マネーと違い、多くの店舗がクレジットカード払いに対応しているのが魅力ですね。

ちなみにデビットカードはクレジットカードと似ていますが、預金口座と紐付けられた決済用カードという点が大きな違い。
クレカと違い、デビットカードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされるので、預金をオーバーして使い過ぎる心配がありません。

クレジットカードよりも安心な点が魅力ですが、こちらは対応していないお店が多いのですよね。
ちなみに上で出てきたブランドを解説すると、

    ※主なクレジットカードのブランド

  • VISA:世界1位の国際カードブランド
  • JCB:日本唯一の国際カードブランド
  • MasterCard:世界2位の国際カードブランド

他にもいくつかありますが、この3つが特に日本では有名ですね。
というより、日本でクレジットカードを作るならこの3つのブランドを比較するだけで十分

海外でもよく使うならVISAがおすすめですが、日本で使うならJCBも遜色ありません(JCBも海外でも使えますが、VISAと比べると使いづらい)
また、日本経済を応援するなら日本の会社であるJCB一択ですね。

主要なクレジットカードの種類

ここでは、主要なクレジットカードの種類の特徴をまとめています。
比較するにも、それぞれの特徴が分からないと比較できませんからね。

銀行系・信販系クレカ

  • 各銀行&関連会社
  • 信販系はオリコ・ニコス・ジャックスなど

銀行やその関連会社が発行しているのが銀行系クレジットカード。
キャッシュカードとの一体型もあるので、銀行系を持っている人は多いでしょう。

信販とは、ショッピングクレジット(クレカを使わない分割払い)のこと。
で、それを取扱う会社のことを信販会社といいます。

ただ、クレカの普及に伴い、今ではあまり目にすることはなく、今ではクジレットカードや賃貸の家賃保証などがメインになっていますね。
そのため、信販系も今では銀行系の一種と言っても過言ではありません。

銀行系・信販系の特徴は、審査が厳しい・銀行サービスがお得になる・少しのポイント還元があるといった点。
ポイント還元についてはイマイチなので、ここは期待しないようにしましょう。

消費者金融系クレカ

  • アコム
  • 武富士
  • アイフル

その名の通り、消費者金融会社が発行しているクレジットカード。
アコムがテレビCMをよく行っているので有名ですね。

消費者金融系クレカの特徴は、審査が甘い・即日発行可能・キャッシングも行いやすい・ポイント還元などはないといった点。
お金に困った人向けな内容で、長期的に持つクレジットカードとしてはおすすめしません。

流通系クレカ

  • スーパー
  • コンビニ
  • 通販サイト

スーパー・コンビニ・百貨店・ファッションビル・家電店・通販サイトなどが発行しているのが流通系クレジットカード。
多くのところが発行しているため、こちらも1枚ぐらい持っている人が多いはず。

流通系クレカの特徴は、審査が通りやすい・ポイント還元が優秀・割引特典・電子マネーの相性が良いものが多いなど。
他と比較しても優秀な面が多く、クレジットカードをこれから作るなら、この流通系の中から選ぶのがおすすめです。

交通系・航空系・ガソリン系クレカ

  • 交通系はJRなど
  • 航空系はANAなど
  • ガソリン系はコスモ石油など

交通系・航空系・ガソリン系・自動車系など、さまざまな種類がありますが、ここはまとめて交通系でいいかなと思います。
全て交通に関係あるものですからね。

JRは割引特急券が買えたり電子マネーのチャージがお得・航空系はマイルが貯まる・ガソリン系はガソリン代が安くなるなどの特徴があります。

電子マネーとは?

電子マネーです。

電子マネーとは、発行している企業やその企業が提携しているお店でしか使えない独自のお金のこと。

そのため、クレジットカードよりも圧倒的に利用できる店舗は少ないですが、よりお得なポイント制度や割引を武器として人気を高めています

簡単に言うと、お客を囲い込むために発行しているお金のことと思って問題ありません。

なにしろ、そこでしか使えないお金なのですから。

電子マネーはクレジットカードのように後払いのタイプもありますが、基本的にはチャージ(入金)してから利用する前払い。
また、電子マネーは払い戻しも出来ないので注意しましょう。

主要な電子マネーの種類

比較するための情報として、主要な電子マネーの種類を紹介しています。

交通系電子マネー

電車やバスを利用している人なら、交通系電子マネーは1枚は持っているでしょう。
というより、Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)が電子マネーとは知らなかった人も多い。

ちなみに、SuicaはJRや首都圏の電車やバス、PASMOは私鉄やバスなどで利用できます。
また、Suicaは地域によって名前が違い、僕が住んでいる福岡ではSUGOCA(スゴカ)となっています。

ただ、Suicaをそのまま九州などの別の場所で使うことも可能ですね(実験済み)
特徴はポイントや割引で交通料金がお得になるぐらいで、電子マネーの中では特典が弱いです。

買物系電子マネー(前払い)

電子マネーと言えば、チャージ(入金)して利用するこの前払いタイプをイメージする人が多いはず。
楽天・イオン・セブンイレブンなどが発行し、加入者・加盟店の電子マネーの中ではどちらも多くなっています。

特徴は、ポイントが貯まりやすい・モバイル対応・加盟店が多い・クレジットカードからの入金でもポイントが貯まる・クレカとの一体型もあるなど。
よく行くお店が対応しているのなら、前払い方式の買物系電子マネーが一番お得でおすすめです。

買物系電子マネー(後払い)

こちらはクレジットカードのように後払いが行えるのが魅力の電子マネー。
そのため、チャージの手間がなくなりますが、チャージによるポイントもゲットできません。

特徴は、クレカよりもポイント還元率が良く、さらにポイントの2重取りなども狙えるが、いろいろと組み合わせたりポイント移行するのが面倒なのがネック

こういった煩わしさから、個人的にあまり魅力を感じない電子マネーです。

クレジットカード&電子マネーの使い分け方

個別で使うなら、利用できる加盟店が多く使い勝手が良いクレカ。
クレジットカードよりも利用できるところが少ないが、ポイントや特典がよりお得な電子マネー。

基本はクレカをメインとして利用しつつ、よく利用するお店が電子マネーOKならそこに絡めていきましょう。
さらに、クレジットカードと電子マネーの相性もチェック

クレカからのチャージでお得にポイントが貯まる電子マネーもありますから。
ただし、近くにそういったお店がないのなら電子マネーは無理に使う必要はありません。

また、僕のように引っ越しが多く、利用店が頻繁に変わる人にも電子マネーはおすすめではありませんね。
その場合はクレジットカードだけの方が使いやすいです。

クレカ&電子マネーの比較ポイント・選び方

  • 自分の生活スタイルに合わせて選ぶ
  • クレジットカードは還元率よりも使いやすさ重視
  • 電子マネーを選ぶ基準はよく利用するかどうかだけ
  • クレカと電子マネーの相性も大事

おすすめなクレジットカード&電子マネーの比較ポイント・選び方をまとめると以上の通り。

一番大事なのは自分の生活スタイルに合わせること。
生活スタイルに合わないと、どんなにお得な特典が付いていてもそれを十分に活かすことができませんから。

クレカを比較するときによく還元率を重視する人が多いですが、それよりも大事なのは使いやすさです。
というのも、還元率が高いものはまずはその会社のポイントが貯まり、それから自分で他のポイントに移行したりする作業が必要だから。

これで面倒でけっこう忘れやすく、期限が過ぎるとポイントが失効されます(何度も経験あり)
そして、還元率が高いといってもせいぜい他より1%程度高いぐらい。

これなら多少還元率が低くても、使いやすいポイントが自動的に貯まったり、自動で割引してくれるクレジットカードの方が結果的にはお得なことが多いですよ。

電子マネーの選び方については、よく利用するお店があるかどうか。
なければ、今のあなたに電子マネーは必要ありません。

また、電子マネーを利用する場合はクレジットカードとの相性もチェックしておきたいところ。
一体型のものはチャージすることでポイントが貯まるカードが多くお得です。

スヤマタクジも愛用中のおすすめクレジットカード

ここでは僕も愛用しているクレジットカードを紹介しています。
選んだポイントは、ポイントの使える範囲が広い・自動でポイントが貯まる(面倒な手続きなし)・年会費無料の3つです。

楽天カード

楽天カードは上記の3つを全てクリア。
さらに、楽天スーパーポイントはネットはもちろん、実店舗でも使えるお店が増えたのが大きいですね。

電子マネー『楽天Edy』や楽天銀行との一体型もあり、使いやすさは僕の中で1番。
楽天カードについては以下で詳しいレビューしています。

Yahoo!Japanカード

Yahoo!Japanカードも上記の3つを全てクリア。
こちらはTポイントがお得に貯まるクレカ

Tポイントか楽天スーパーポイントかは好み問題ですね。
ただし、Yahoo!Japanカードは電子マネー一体型は無い(nanacoはお得にチャージできる)ため、利便性の面で楽天カードに少し劣ります。

おすすめ電子マネーとクレカ一体型のおすすめカード

電子マネーは選び方で解説した通り、生活スタイルによって使える使えない大きく分かれます。
場合によっては僕のようにクレカのみの方が良かったりする場合も。

なので、ここではその中でも特に魅力的な3つを紹介しています。

交通系電子マネー全般

Suica(スイカ)です。

Suica(スイカ)が特に有名な交通系電子マネー。

お得でおすすめというより、多くの人が利用しているためここに含めました

なかには、電子マネーと気付かずに利用している人もいるぐらいですからね。

ハッキリ言って、交通系電子マネーはポイントや特典はイマイチ。

ただ、電車やバスを頻繁に利用するなら外せない電子マネーなので、どうせ利用するならなるべくお得に利用しよう!というのがここでのテーマです。

ちなみに、Suica(スイカ)は僕が住んでいる福岡ではSUGOCA(スゴカ)など、地域によって名前が違います。
ただ、機能は同じなので、ここは気にしなくて大丈夫ですね。

Suicaを福岡で使ったらそのまま使えましたし。
また、私鉄やバスの場合、使える電子マネーはPASMO(パスモ)に変わりますね。

これら交通系電子マネーですが、実は電車やバスなどだけでなく、駅ナカ・駅ビル・コンビニなどでも使えるお店がある&そこで買物するとポイントが貯まります。

この辺りを知らない人は意外と多いようですね。
また、クレジットカードからのチャージ(入金)からもポイントが貯まります

特にSuicaなどの交通系電子マネーと一体型のクレカは、チャージのポイント還元率が高い・オートチャージが行える・モバイルSuica(スマホをカード代わりにできる)の年会費が無料などの特典が。

交通系電子マネーを利用するなら、断然一体型がお得です。
一体型カードは、Suicaなら『ビュー・スイカ』、PASMOなら『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』がおすすめ

nanaco(ナナコ)とおすすめクレカ

nanacoカードです。

nanaco(ナナコ)は、セブン&アイグループが発行している電子マネー。
nanacoの魅力は電子マネー屈指のポイント還元率の高さと税金の支払いも行えるところ

生活スタイルなどを考慮せず、とりあえずお得な電子マネーを一つ教えてと言われればこのnanacoをおすすめします。

もともとのポイント還元率が高い上に、一体型を利用すればさらにポイントがお得に貯まりますから。

ネックは利用できる店舗が少ないところですね。
めぼしいお店は、セブンイレブン・イトーヨーカード・デニーズ・ロフト・ビックカメラぐらい。

これらを含め、あなたがよく利用しているお店に加盟店がない&税金の支払いに使う予定がなければ、いくら還元率が高くてもnanacoは特に必要ありませんね。

クレカ一体型でおすすめなのは、公式サイトでも紹介している『セブンカード・プラス』。
また、一体型ではありませんが、『Yahoo!Japanカード(JCBタイプのみ)』でもお得にチャージが行えます。

Yahoo!JapanカードはTポイントがお得に貯まるクレジットカード。
なので、Yahoo!Japanカードでnanacoのチャージを行えば、nanacoとTポイントも二重取りも可能です。

WAON(ワオン)とおすすめクレカ

WAONと一体型のイオンカードです。

WAON(ワオン)はイオングループが発行している電子マネー。

特に、イオンで利用する時にポイント2倍デーや割引などがありお得。

イオンに頻繁に行くならぜひ持っておきたい電子マネーです。

逆に色々な特典があるとはいえ、普通に利用するとポイント還元率が低く、イオンに行かないなら特に必要ない電子マネー。

WAONカードのみを利用するより、画像のようなクレジットカード一体型(イオンカード)を利用した方がポイントがお得に貯まります。
ポイントのチャージもしやすいので、WAONを利用するなら最初から一体型クレカを作りましょう。

    ※イオンカードの特徴

  • 発行手数料無料で300円のWAONカードより安い
  • もちろん、年会費も無料
  • ポイントの2重取りが行えて還元率アップ
  • オートチャージが利用できる

イオン銀行も利用するなら『イオンカードセレクト(預金金利アップ・各種公共料金をお支払いでポイントゲット)』
銀行は必要ないなら『イオンカード(WAON一体型)』がおすすめです。

WAONもイオン以外にも利用できる店舗はありますが、イオンに行かない人にはWAONカードもイオンカードも特に必要ありません。